CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< 『アニメ夜話番外編』 | main | 下衆な商売だなw >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    精霊の守り人 #13『人でなく虎でなく』
    0
      精霊の守り人 2〈初回限定版〉
      ジェネオン エンタテインメント
      発売日:2007-07-25
      Amazy
      『人を斬らず業を斬る』
      13話を集約すれば、この一言になるのだろうが、時代劇にありがちな、気持ちよく達観した話ではない。むしろ困窮を極め、慟哭しているように思える今回。タイトルは『人でなく虎でなく』。では、人にも虎にもなれないバルサは何者? 

      8人の命を救う為、彼女は用心棒稼業を選んだ。なぜ用心棒稼業? その誓いは、平穏な暮らしを営むことで、容易に叶えることができるのに。選択肢はあった、なのに彼女はなぜ、槍を捨てない? ジグロへの想いもあるだろう、しかし、本当にそれだけか?

      「だけど、あんたは武人じゃないね。(中略)タンダ、わたしはね、骨の髄から、戦うことが好きなんだよ。だから、戦うことがやめられないんだ。むごい運命への怒りなんて、ごりっぱな理由からじゃない。わたしは、羽根を逆立てて、意味のない戦いを続ける、闘鶏と同じなのさ」(小説『精霊の守り人』より)

      この、台詞で語られるのみだったバルサの一番深い業を、アニメではカルボと言うライバルを立てることで彼女自身の本性を暴き出す。

      チャグムの存在をちらつかせるカルボだが、チャグムは口実でしかない。バルサもまた、『一人を助けるため、二人、三人と恨みを買い足し算も引き算もできなくなった』武人。その恨みの精算とやらに向き合わなければならない。剣客対剣客の、理不尽な闘い。そこに本来、余人の入る隙はない。しかしカルボは、無関係な人間を巻き込みバルサを追いつめる。

      今まで見せていた頼もしくも暖かい彼女は、タンダやチャグム、トーヤやサヤの前だから気を許していただけの話。これが、用心棒の彼女の顔。しかし、今回のバルサに余裕はない。素人にすら気づかれるほどの殺気をまとい、指摘されて苦笑する。馬方の少年はそんなバルサを疎み、巻き込まれたことを怒る。

      平穏な日常を選べない己の心。闘いの日々に身を置くことで見いだすもの。タンダと共に暮らせない、もうひとつの理由。女である前に、武人の魂が指し示すもの。彼女の誓いが生みだした業、彼女自身が抱える業。ジグロへの想い、チャグムを護る義務。カルボが解放してしまった怒り、苛立ち、殺気、慟哭。バルサと言う人物の中にある、複雑に絡み合ったそれは、とても語り尽くせるものではありません。その、語り尽くせないバルサを、ほんの数秒の『虎の姿』に象徴させた手法。これは視覚で訴えるアニメ(映像)でなければ出来ないと思った。

      先生が語ったヨゴの昔話は、中島敦『山月記』を彷彿とさせます(高校の教科書に載ってました)。怒りにまかせ、不殺の誓いを破ったのか、あるいは自覚して殺さなかったのか。語られずに終わった今回は、一抹の余韻を残します。虎になれれば、迷いも業も断ち切れる。しかし虎になれない、なってはいけないバルサ。人と虎の間で揺れる魂の戻る先は、常に人間側でなければならない。たとえ業と迷いにまみれていても。

      余談ですが、アニメ版『精霊の守り人』って、池波正太郎の小説『剣客商売』の読後感に似てます。観た後胸に残るものの正体をずっと考えてたんですが、今回それに気が付きました。勿論、方向性も描写されるものも全く違うのですが、描きたいものの根幹は同じ方向にあるのかな、などとふにふに考えているのですが。

      (7/2追記)叫び足りなかったので、もう一回叫んでみました。下のツッコミ読んでからこちらへどぞー

      精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)精霊の守り人 3
      精霊の守り人 1〈通常版〉精霊の守り人(2)
      精霊の守り人 音楽篇 1精霊の守り人(原作小説)
      Amazy

      細かいツッコミは後ほど。午後から仕事〜。
      (追記):いっぱいツッコミました。今回は、一回観ただけじゃ分かりません。見れば見るほど、はまっていきそうです。それほど深い話になっています。
      ▼祭りの翌日
      ・朝日が昇り、霧に煙る青霧山脈が本当に綺麗。背景画を集めて美術展してください。
      ▼祭りが終わった土俵に、一人立つ男。「生きていた」
      ・この時点では、男の狙いがチャグムなのかバルサなのか分からない
      ▼バルサの家でも祭りの後始末
      ・あの後鰻は食べたのかなー(笑)
      ・箒を持つ姿もサマになるチャグムw
      ▼手紙
      ・って「おばさん」か(笑)。確かにそうだけどねw
      ▼チャグムとガキ大将の会話
      ・「たまたま」と謙遜するチャグム
      ・あの戦法の出所を知りたがる気持ちは分かるぞ。しかも「おばさんかい?」ってw
      ・強いおばさんで有名になちまったなあ、バルサ
      ▼手紙を読み、表情が一変するバルサ
      ・「昨夜の『相撲』を見たヤツからの挑戦状か?」って…『ルチャ』だろ!(笑)
      ・「そんなところさ」と答えるバルサが妙にカワイイんですが
      ▼タンダの家に立ち寄るバルサ
      ・戦闘服キター(・▽・
      ・手紙から、厄介な相手だと分かるタンダ。相当剣呑なことが書かれてたと思われ。
      ▼カルボ
      ・商売敵。三年前、人買いがらみで敵対した用心棒
      ・5話で登場した『青い手』の因縁が、ここにも登場。
      ▼「トロガイ師が戻るまで、水車小屋で暮らしたい」
      ・全てはチャグムのため。3万ルガルも払う価値は、この日々にある。
      ・話を聞きながら、済まなさそうな顔つきのチャグム。
      ・「宮にばらす」と言われれば、行かざるを得ない。
      ▼「殺さずの誓い」を立てた身
      ・殺生を避けたいが、道理が通じない相手。
      ▼残されたチャグムとタンダ
      ・「遅かれ早かれ、こういうことは起こったんだ」
      ・どこでどんな風に暮らそうが、いつかばれる。
      ・先走ったことで、引き起こされた事態を悔やむチャグム。バルサもタンダも責めないが故に、一人で背負うことにもなる。「あんたがあんなことをしたから」と怒られるより、ある意味一番厳しい叱咤かもしれません。
      ▼再会するカルボとバルサ
      ・「死人が『ルチャ』をやってたのは、幻ではなかったな」。ここでは『ルチャ』なんだよねえ(笑)
      ・バルサを倒すために、ヨゴ刀を捨てる。武人が愛用の刀を捨てる意味は重く、それだけバルサに対する復讐に喘いでいる。自分を忘れろと言うバルサの言葉を、やはり聞きもしない。
      ・「山狩り隊にも加わった」。あの一瞬目立つおじさんは、やはりこの人
      ・ていうか、夕焼けとトンボが本当に素晴らしいんですが
      ▼不殺の誓い故、背負う因縁
      ・「殺さない」選択は、綺麗事ではすまない事態を引き起こすことを、プロであるバルサは重々承知していたはず。そして今、自身が引き起こした因縁と対面している。
      ・不殺の理由を話さないのは、ジグロのことに触れるため。カルボはそれを話す価値の無い男であり、話したところで身を引く事がないのを理解してるから。
      ▼「第二皇子」に驚くバルサ
      ・珍しくかなり余裕が無い。殺さずにすむ相手ではない、しかし殺さなければ縁が切れない。カルボは、バルサの迷いの隙を付いた格好になったのかもしれません。
      ・でも、彼にとってチャグムはどうでもいい存在。狙いはあくまでもバルサ。
      ▼街道を通る人を、人質に取るカルボ
      ・バルサが見逃せないことを知った上で仕掛けた戦法。
      ▼「他人のために振るった己の剣が破れた屈辱。お前を斬って過去を清算する。そうしなければ、どれだけ修行を積んでも、心が前に進まんのだ」
      ・バルサとまみえなければ、ただの武人であったのかもしれない。敵味方と言う立場に別れたが故に、彼はバルサの強さを知り、ただ一度の負けで道を見失った。真っ直ぐすぎる武人。
      ▼街道の出口
      ・門や石畳がえらく立派。
      ・最初に通ったのは、馬に乗った女性と馬方の少年。
      ▼突然暴れる馬
      ・よく見ると、馬の尻に礫が刺さっている。
      ・槍をうまく使って宥めるバルサの動きが手慣れてますね。
      ・馬方の少年、トーヤと同じ人種かな。
      ・ていうか、目がずっと座っててめちゃ怖いですよねーさん!
      ▼礫者
      ・バルサがカルボを倒したのと、同じ手でバルサを追いつめる作戦
      ▼街道を往く
      ・石畳が続く道。ヨゴの豊かさをここでも実感。
      ・バルサを警戒する少年。そりゃ得体の知れない武人の女が、つかず離れず後ろに張り付いてたらねえ。
      ▼休憩所
      ・井戸や馬を繋ぐ場所が整ってますね。
      ・その井戸に、ネズミの死骸を放り込んで飲めなくしている。これもかつて、バルサが採った手法か。
      ▼夜
      ・火の傍ではなく、框に腰掛けて背を向けるバルサ。殺される二人を護るため、外を警戒している。
      ・女性は先生。「へえ、先生ですか」の声が低く無機質。
      ・顔を背け外を見るのは、見張りと…巻き込んでしまった罪悪感のためか。
      ・「それは大変なお仕事ですね」に、つまりがちな返事のバルサ。『精霊の守り人』と言うアニメが始まって以降、私達が見知ったバルサは、ここにはいない。
      ▼ヨゴに伝わる、虎になった武人の話
      ・「生涯、剣の腕を上げることだけに費やした武人の話。強さに拘る余り、虎のようになりたいと思い、虎の毛皮をまとって闘い続けました。その甲斐あって、どこにも敵が居なくなった。けれど、ある時自分が、本当の虎になっていることに気付いたのです。そして、言葉を亡くしてしまった武人は、最後は家族も友人も失い、一人寂しく、竹林の中で生涯を送った」
      ・この話を起こしている時、ふと、ジグロを思い出したのですが…。自分が望んだ訳でもないのに、虎にならざるを得なかった槍の達人の、孤独な最期が重なりました。そして、バルサもそうなる? タンダを失い、一人寂しく死ぬ。武人として生きるとは、そういうこと。
      ・先生の話は、意図せず、バルサの最も弱い部分に触れている。タイトルの『人でなく虎でなく』。強くなることで、失い続けた大切なものの存在は、バルサにとって一番の傷。
      ▼殺気
      ・素人の先生にすら感じられる殺気を放っていた。
      ・修行が足りない、と頭を掻くバルサ。でも、少年はひどく怯えてしまった。
      ・ただならぬバルサの様子を心配する先生。狙われたのが彼女でなく別人だったら、ラスト、バルサは人間に戻れたのだろうか。
      ・「昼間からおっかなくて仕方なかった」少年。これが、普通の反応。
      ▼雨夜の攻防
      ・礫を使い、眠らせない作戦も、かつてバルサが採った戦法
      ・腹を括って、つき合いつづける…が、先に待つ勝負で勝てる見込みは?
      ・礫で狙われても、瞬きしないってのはすごいけど
      ・ていうか、銃かと(笑) 小型の投石機っぽい?
      ▼アイキャッチ
      ・うごいたー!
      ▼翌日
      ・…木に人型が…ガクブル。
      ・切り立った崖に掘られたヨゴ文字が、気になります!
      ・「一睡も」のねーさん、目の下に隈が…!
      ・「薄気味悪いんだよ!」と疎む少年の気持ちも分かるが。
      ・馬を走らせたことで、事態は急変。馬が転倒した瞬間、先生を庇った少年はエライけど。
      ・バルサから先生を護ろうとする少年。今の彼から見れば、得体の知れない女の武人が、自分達をつけねらってるようにしか見えないので、当然の反応。
      ▼事情を話すバルサ
      ・「斬り合いが嫌なら、自分が斬られろ!」 馬方くん、正論。
      ・「その通りだね」のバルサの目、とてもつらそう。でも、斬られる訳にはいかない
      ▼カルボ登場
      ・この時の身のこなし方といい目つきといい、虎に見えたんだけど。
      ・「礫者の駄賃」にマジ切れ!
      ▼戦闘開始!
      ・「俺だけを見ろ!」はいいとして、やってることは最低。憎悪に目が眩むと、人はここまで墜ちるるんだな。
      ・頭突きいたそー、でも同情しない(=w=
      ・「虎になるほかなさそうだね」 本性が覚醒した瞬間
      ▼逃げた二人
      ・てか、礫者よわっ! ナイス馬方クン(笑)
      ・「あの方は私達の為に、黙って用心棒を引き受けてくださったのですよ!」 先生! オレちょっと嬉しかったよ!
      ・勝手に巻き込まれた立場としては、馬方が道理。先生は、バルサの行動を理解した瞬間、虎の話をしてしまったが為に、自分が彼女を追いつめたのではないか、との後悔があったのかもしれません。
      ▼竹林の戦闘
      ・カルボを斬らなかった訳。8人の命の誓い、命の重さが平等である事実。「だが、人を助けるたびに、お前みたいなちっぽけな男を斬るのが馬鹿馬鹿しくなったのさ!」
      ・つまり「アンタは斬る価値さえない人間なんだ!」ってことだなw
      ・チャグムのために、生きなければならない。カルボを斬る覚悟を決めたのかバルサ
      ・「URRAAAAAAAA!」絶叫のバルサ。この時の作画は、人間離れした表情を優先している。まさに獣化したバルサ。
      ▼虎化したバルサ
      ・バルサの中に渦巻く荒ぶる魂の象徴。理由はなんであれ、虎の尾を踏んだカルボは、代償を迫られる。
      ・現に押され、後ずさっている。バルサの、最も触れてはならないものに触れた報い。
      ▼激闘の末、カルボを殺したバルサ
      ・正直、3話の戦闘より逼迫してます。
      ・絵で見せた3話は、仕事人の戦闘。今回は私情の戦闘。
      ▼「うるせえ、私は虎だ! 近寄ると食い殺すぞ!」
      ・慟哭してるように聞こえる叫び。
      ・2年前、タンダの元を飛び出したバルサは、こんな顔をしてたのかもしれません。
      ▼生きていたカルボ
      ・斬られていない、が、武人生命は断たれたも同じ。
      ・あれほど執着していたバルサすら忘れてしまった。いや、執着しすぎたからこそ、圧倒的な実力を前に燃え尽きてしまったのか。
      ▼「あの人を、人間に戻さなければ!」
      ・己の中に眠る虎は、バルサ自身をも傷つける。不殺の剣を極めた事実も、彼女の心を癒していない。
      ・バルサの業を断ち切れる人はいるのか? その日は来るのか?
      ・今までの話は、揺るぎないプロフェッショナルとしてのバルサだった。が、ことここに来て、人間であるが故の弱さを露呈したバルサ。揺るぎないバルサが、揺らぐ。水妖の正体が明かされ、チャグムの周囲も変わるだろうこの先、むき出しの素裸の心を晒すしかなかったバルサの話をここに持ってきたスタッフに恐れ入ります。
      | 精霊の守り人全般 | 10:23 | comments(2) | trackbacks(21) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:23 | - | - |
        コメント
        初めまして。
        今回の13話に対するLINTSさんの深い洞察に圧倒されています。。
        ”今日はどうなっちゃったんだ、バルサ!” と思ってたんですが、LINTSさんの『人を斬らず業を斬る』で心の中がすっきりした感じです。私はバルサは自覚して殺さなかったんだと思いました。バルサらしい勝負の付け方したなぁ、と。。 失礼しました。m(__)m
        | lutea | 2007/06/30 2:37 PM |
        luteaさん>
        初めまして。書き込みありがとうございます。
        今回は、一時的に不殺の誓い前のバルサに戻ったのかもしれないですね。
        あのラストは余韻が残りますね。答えを教えて綺麗に終わるより、ずっと心に残ります。
        | LINTS@管理人 | 2007/06/30 9:08 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1035
        トラックバック
        精霊の守り人 第十三話「人でなく虎でなく」
        最近は大人しめで、わりとマッタリとした雰囲気だったこのアニメ。 久しぶりに殺伐とした雰囲気に、何とも言えぬ緊迫感が戻ってきました。 前回祭の騒ぎで、バルサ達の存在を知られてしまう事になってしい。 なおも過去バルサと因縁のある人物らしく、それだけに非
        | よう来なさった! | 2007/06/30 1:18 PM |
        精霊の守り人 第十三話 「人でなく虎でなく」
         バルサの誓い。
        | LUNE BLOG | 2007/06/30 1:36 PM |
        [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第13話』
        『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第13話 『人でなく虎でなく』。 ストーリーは…。 バルサは、彼女を狙う武人カルボに
        | どっかの天魔日記 | 2007/06/30 2:29 PM |
        精霊の守り人 13「人でなく虎でなく」
        バルサが生きている事、祭りの翌朝にはもうバレてしまいました。それはかつて戦った用心棒の男、カルボ。バルサに負けた屈辱を晴らす為に今まで生きて来たようです。しかしバルサに戦う意思はなく…。 出で立ちも短槍も、かなりバルサの真似っこに見えるんですけど、あ
        | はざまの欠片 | 2007/06/30 5:18 PM |
        アニメ「精霊の守り人」第13話 感想。
        第13話「人でなく虎でなく」 陽がその姿を見せる中で、1人の男はその場にしゃがみこみ、生きていた……と呟く。 そして男の咆哮が空を切り裂く。 バルサとチャグムの下を訪れた子供達は、武人に託されたと言ってバルサに手紙を渡す。 昨日の事で盛り上がってい
        | ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/06/30 5:47 PM |
        精霊の守り人 第13話
        『人でなく虎でなく』 「うるせぇ! 私は虎だッ! 近寄ると喰い殺すぞ!!」 久々の本格的な短槍アクションに期待を膨らませていたんですが、それに十分応えてくれました。 特にバルサ姐さんの中の人の演技! ガチガチのアニ
        | ACGギリギリ雑記 | 2007/06/30 8:50 PM |
        精霊の守り人 第13話 人でなく虎でなく
        第13話 人でなく虎でなく
        | Happy☆Lucky | 2007/06/30 9:15 PM |
        精霊の守り人 第13話「人でなく虎でなく」
        チャグムから離れた途端その目に宿った殺気。 これがバルサの持つ、もう一つの本性なのでしょう。 読み書きを教える先生に、「甘ったるい道徳のセンセイ様かい」というやさぐれた表情を見せるバルサ。 こういうキャラだったのか、と少し意外感が。 決着の解釈が
        | バラックあにめ日記 | 2007/07/01 6:48 AM |
        精霊の守り人13話「人でなく虎でなく」
          精霊の守り人(2)(初回限定版)   DVDの2巻の表紙にチャグムいるー!!今となっては貴重な皇子髪型。早く欲しいなぁ。お金の都合がつかなかったので一月後れでDVD収集していこうと思います。今月やっと1巻買えますよー高画質高画質♪学生の身
        | 好きなもの | 2007/07/01 11:48 AM |
        「精霊の守り人」第13話
        精霊の守り人アニメ公式サイト出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意で
        | ひねもすのたりの日々 | 2007/07/01 1:03 PM |
        精霊の守り人 第13話
        かつての敵・カルボが先日の格闘大会でバルサを見つけ、今一度勝負を挑んできた・・・という話だった。 最近のバルサは、お母さん業が板についてきた・・・というか、バトルから少し遠ざかっていたのだが、いざ闘い
        | こじこ脳内 | 2007/07/01 2:47 PM |
        精霊の守り人&ロミオ×ジュリエット&ハヤテのごとく
        精霊の守り人 ♯13 人でなく虎でなく先週相撲をとったせいで・・・へんなのにバレちゃいました;;;チャグムはとりあえずタンダに預けてきたから大丈夫だとは思うんだけど。バルサ姐さん大丈夫なの!!??Σ(゚д゚lll)目つきとか、声とか超恐ぇーっすよ!!まず
        | 鳥飛兎走 | 2007/07/01 4:35 PM |
        「精霊の守り人」〜第13話:人でなく虎でなく
        夏至祭りでの一件で、バルサはかつて用心棒家業の中で敵対した男に発見させてしまう。宮の者ではないため緊急かつ最悪の事態にはならなかったが、バルサに敗北した男の恨みは激しく、チャグムをネタに挑戦状を突きつ
        | たいむのひとりごと | 2007/07/01 7:41 PM |
        精霊の守り人#13「人ではなく虎でなく」
        やっと見つけた!!!!武人から姐さん宛ての手紙を預かった子供たち。険しい眼になる姐さん。カルボといい、いわゆる商売敵。3年前、人買いから依頼人を救い出したとき敵側にいた用心棒。チャグムのことも気付かれたかもしれない。『俺が祭りになんか行ったばかりに』
        | Sweetパラダイス | 2007/07/01 10:33 PM |
        精霊の守り人 #13
        夏至祭の日に戦ったことで、バルサは過去の用心棒で関わったカルボから狙われることになってしまいました。夏至祭が終わり、後片付けをしているバルサたちのところへ、カルボから頼ま...
        | 日々の記録 on fc2 | 2007/07/02 5:32 PM |
        虎でなく、人でなく 感想
        えええええ感想書くの!?と思っていただけたら幸いです(←監督のまねっこ) うん……えと、こういう話の感想を眺めていると、国語の時間を思い出します。 ゲド戦記だったか守り人だったか忘れてしまいましたが、どっかで見た『集団の読みの深さ』というやつです。
        | 異界探訪記 | 2007/07/02 10:21 PM |
        精霊の守り人 第13話「人でなく 虎でなく」
        土俵の上の足跡を辿る者。「生きていた」雄たけびを上げるその者。祭りの篝火の後片付けをするチャグム。燃え残りは竈へと指示するバルサもまた水撒き。そこへ駆け込むがき大将。手紙を武人から預かったと渡します。武人?と広げるバルサ。手紙を読んで、ガバと顔を上げ
        | からまつそう | 2007/07/03 1:30 AM |
        精霊の守り人 第13話 「人でなく虎でなく」
        虎になる…
        | 瞳にアル世界 | 2007/07/03 9:26 PM |
        精霊の守り人 13話「人でなく、虎でなく」感想
        精霊の守り人 2〈初回限定版〉 人は何事かに執着しすぎると、獣になると言う。中国では古くから人が虎に変ずる話が伝わっており『太平広記』『古今説海』『唐人説薈』(今、日本語で読めるもので入手可能なのは、『唐人説薈』のみ。『唐代伝奇』として出版されています
        | 月の砂漠のあしあと | 2007/07/06 12:28 AM |
        『精霊の守り人』#13「人でなく虎でなく」
        「私は虎だ!近寄ると食い殺すぞ!」 前回の祭りがきっかけでバルサが生きているとバレてしまいました。 相手は宮廷の者ではなく、一度バルサに負けた商売敵・カルボ。 主義を通して生かしたのが仇となったか 勝負を
        | ジャスタウェイの日記☆ | 2007/07/06 11:58 AM |
        μ 裱á???????
        バルサ姐さんが、虎になっちまった! 吼えた!吼えたよ! 「あたしは虎だ!」ガルルゥ〜〜 先生の目には虎になったバルサの姿がハッキリと! 先生想像力ありすぎ(笑) 戦闘シーン迫力ありました〜! 殺るか殺られるかの、命のやりとり。 バルサの生きてる世界
        | 空色☆きゃんでぃ | 2007/07/07 4:41 AM |