CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< ちょっとした精霊祭り、第二回目 | main | やっぱり変だよ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    精霊の守り人 #25『宴』
    0
      先週の次回予告「それは、父と子と母とで」って…こういうことだったんだ…。「運命には勝てない。でも、運命には負けない」。キャッチコピーの通り、必ず死ぬと定められた運命に打ち勝ち、チャグム達の戦いは終わりました。
      精霊の守り人 4
      ジェネオン エンタテインメント
      安藤麻吹(俳優)安達直人(俳優)辻谷耕史(俳優)真山亜子(俳優)浅野まゆみ(俳優)広橋涼(俳優)麻生我等(デザイン)神山健治(監督)上橋菜穂子(原著)
      発売日:2007-09-21
      おすすめ度:4.0

      「ひっひふー」「ひっひっふー」「痛いよー」「がんばれ、もうすぐ生まれるからな」で、タンダ・バルサ共同作業でチャグムの産婆
      …って、まじ出産シーンですよΣ( ̄□ ̄
      そういえば、『花酒をタンダに』の回で、タンダがゴーストハック(笑)かけた時も、チャグムかなり苦しがってたなあ。安達君(チャグム役の声優さん)も、まさか中学二年で、出産時の苦しみの声を演じる事になるとは思わなかっただろうねw

      原作は原作、アニメはアニメで楽しむスタンスで観てきましたが、対ラルンガ戦は、実は原作の方がはるかに良い、と名言します。ポジティブシンキングで書いてきた感想ですが、この一点において、アニメ版は見せ方を間違えたたと言わざるを得ませんねー。

      ラルンガ物量作戦は面白いのですが、『数との戦いをどう見せるか』という演出理論が追いついてなかったかな。「アニメならではの見せ方」の工夫が足りなかった。脚本の問題ではなく、映像演出の力量が追いつかなかったと言うことかな。実際、台詞と音楽の、あの切迫感と悲壮感は、なかなかお目にかかれるものじゃないしね。それ故の欠点が悔やまれます。

      あの『大松明』、要らなかったね(笑)。なまじ、強力な武器を持たせたが故、パワーバランスが崩れてしまった。『狩人>ラルンガ』じゃ、ラルンガがどんなに数出ても、緊迫感出ません。変に余裕持たせた反動で、狩人本来の強さが全く伝わらなかったのは勿体なかったよ。普通の松明で、総力振るってラルンガとの接近戦の方が面白いって。

      原作は動機付けがシンプルな分、疾走感に溢れており、最後の最後まで気が抜けない作りになってます。狩人達の必死感も、アニメの差ではありません。つーか、上橋さんの世界に、オーバーテクノロジーは似合わないです。これ断言(笑)

      とは言うものの、これまでの伏線を丁寧に回収して、きれいにまとめた手腕は誉めても良いでしょう(偉そうでごめん)。二回目観た時、あのラストシーンは良いと思えたしね。原作とは別の世界で、アニメ版の『精霊』は、これはこれでありです。

      来週で半年間見続けてきたドラマが終わります。ラストはどうなんだろう…「観て良かった」で締めくくれるといいな。
      精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)精霊の守り人 2〈初回限定版〉
      精霊の守り人 3精霊の守り人 5
      精霊の守り人 音楽篇 1精霊の守り人 音楽篇 2
      Amazy
      ▼〈サアナン〉へ向かうチャグム
      ・ナユグとサグの間にいることを、魚が教えてくれる
      ・足元で揺れる水草、見上げた水面に輝く二つ月。〈守り人〉だけが見える世界。
      ▼タイトルバック
      ・見上げるバルサの顔。遠くを見つめる目線の先には…
      ▼狩人とタンダ
      ・モンがタンダへ敬意を払ってる姿に「おお」っと思ったっす
      ・「呪いをかければ…」って、見習いなのにそこまでの腕があるのかっと聞きたいw
      ・「その花を授けてくれ」のジン、「おぬしの希望を引き継ぐ」のゼン、「かたじけない」のお頭に感動したよ
      ・タンダもそう頼むつもりだったと。考えることは皆一緒
      ・花を分け合う間、手早くタンダの手当をするバルサ。すっごい手際がいい。
      ・っていうか、バルサの手当が終わるまで待ってた狩人達が律儀だし。
      ・「みんな、行こうじゃないか。チャグムが行ったナユグへ!」と花を掲げるバルサと、それに従う狩人達…渡世人が殴り込みの前に水杯を交わすみたいな感じがするんですが(笑)
      ▼トロガイとシュガ
      ・「どっちじゃ」「あっちです」の会話に吹いたよw
      ・あんなガレ場を馬で疾走するのは、大変じゃないかなあ。
      ▼バルサと狩人達
      ・シグ・サルアの効能云々というより、『見える場所』ではないだけかと思いました。
      ・大丈夫、後でイヤってほど見えますから(=▽=
      ・つっか、薬草師って…タンダと呼んであげてー(笑)
      ・「最後は卵よりチャグムを守る」。王を喪えば、人心が乱れる。それを恐れた故の判断でもあるけど、純粋にチャグムを死なせたくない思いもあると思います。
      ・卵を取るか、チャグムを取るか。究極の二択。どちらも守らねばならないが、最後の局面でどちらの命を優先するか。トリアージみたいなものですかねえ…
      ▼タンダとトロガイ+シュガ合流
      ・「生き物とは思うが、この世の者とは思えんな…」だってナユグのものだしw
      ・って、タンダよく触れるなあ(^^;
      ・「さすがはトロガイ師の教えを受け継ぐ者」ってシュガ…バルサとの態度が全然違う(笑)
      ・シグ・サルアの蜜のことを話して「でかした、弟子よ」ってトロガイ、…先週はボンクラだったのに。でも、口の悪いばーさまが「でかした」と素直に誉めたのはいいな
      ・でも、卵の孵化を見られないのを残念がるばーさんも好きだなw
      ・と言いつつ、杖でぐにぐにつつくか(笑)
      ・いや、ばーちゃん。腰を据えてラルンガの死体を観察するつもり?(笑)
      ▼摂理の形
      ・〈ニュンガ・ロ・イム〉の卵を産み付けられた小熊をラルンガが喰い、空に向かって吐き出す。受取手のない卵は地面に落ちて潰れ、死ぬ。
      ・原作にない展開でびっくり(笑)
      ・卵を産み付けられるのは、人間だけじゃないのか! とか、あの小熊も〈サアナン〉に向かってたのか…とか。
      ・下手すると、いろんな動物の子供が〈サアナン〉にひしめいてることもあり?(爆)
      ・それって〈宴の地〉は殺戮の場ってことにもなりかねんなあ(遠い目)
      ・小熊が喰われるシーンで、タンダだけが顔を背けてる。優しい彼の性格が出てますね
      ・ばーちゃん…さっきは「そう慌てるな」って言ってたのに…(笑)
      ・「おまえが馬に乗りな」って、ばーちゃん走るのかよ!
      ▼〈サアナン〉
      ・ナユグの水を泳ぐチャグム、サグの世界から見れば、浮いてるように見えるのかな。
      ・チャグムが見えてるナユグの〈サアナン〉。宴の地と言うより、死後の世界みたいな…
      ・昔見た『楢山節考』って映画の、姥捨て山の色彩に似てるなーと思ったのはわしだけだな(^^;
      ▼泳ぐラルンガ
      ・いやいや、コレなんて怪獣映画?w
      ・わっしわっし氷割って泳ぐ姿が、すげーカワイイんですが(笑)
      ・ここのチャグムの目、元通りに戻ってます。目的地に到着したから、操る必要も無くなったからでそ
      ▼バルサと狩人達、到着
      ・「バルサ…」と呟くチャグムの、心底ほっとした顔つき、でもその後「バルサ…」と、泣きそうな顔に変わるのが…
      ・この時、チャグムは死ぬ覚悟をしてたと思うんだ
      ・短槍使いを先に行かせるお頭、カッコイイっす
      ・氷を突き破って襲いかかるラルンガがね、怖いんだよな
      ▼再会
      ・チャグムを抱き留めるねーさんの腕の筋肉がすげえよ
      ・「必ず来てくれると思ってた…信じてたよ」。
      ・24話かけて築き上げた、二人の信頼の結実した形ですね。今この時、二人の間に入れる人はいません。
      ▼ラルンガ対狩人
      ・崖に塗ってるのが墨油か! 燃料はやっぱりウ●コ…(=w=
      ・スンの弓の見せ場があって良かった!
      ▼後を追うタンダ達
      ・チャグムが見た光景と同じものを、タンダも見ている訳だな
      ・ナユグの水の中に沈むラルンガの遠景、幻想的でいいなあと
      ・話すタンダの口から、空気の泡が…こういう二つの世界の重なりの表現は巧いなと思います
      ▼アイキャッチ
      ・二枚貝なのかカエルの顔なのか…(笑)
      ▼バルサ達に追いつく狩人
      ・引き上げてもらう最中、一旦後ろを振り向くお頭。確認?
      ・「やったか」→ばーん! にびびった(笑)
      ▼タンダに見えてトロガイに見えないもの
      ・そりゃ悔しいだろうな
      ・サグの〈サアナン〉は、本当に何もないのだな…
      ・「私の知る、見ているものは、せいぜいこの世の半分! いや、万分の一に過ぎんのか!」
      ・何となく、シュガにはこの『事実』を悟らせるため、あえてナユグの世界が見せないのかと思いました。「自分には知らない世界がある」。社会を統べる立場にあるからこそ、『無知の知』を知ることは大事なのですよ
      ▼チャグムと卵
      ・生まれ出るには、やはり、〈ラルンガ〉の爪が必要。あの小熊のように喰われなければならない。
      ・バルサも手も足も出ない。タンダ早くきてー(><
      ・原作じゃ口から生まれるんだけどなあ…
      ・ちなみに卵が何故〈サアナン〉を目指すのか。その理由も明確ですよ
      ・ラルンガも数いっぱい。考えてみれば、生き物だから数いて普通なんだけどなあ(笑)
      ・迫る爪、急ぐタンダ! はやくはやくー
      ▼圧倒的ではないか!(ラルンガが)
      ・死にかけてるのに触手飛ばすってどーよ
      ・松明を下ろしざま、剣を抜きつつ触手を切り裂くジン、カッコイイっす
      ・倒しても倒しても現れるラルンガ。
      ・「伝説の八武人は、この状況を三日三晩凌いだと言う。油が尽きようが、薬草師のお陰でナユグの者と斬り結べるようになったのだ。たとえこの身が尽きようと、剣一本で戦うのみ!」武人だ! あんた達はサムライだよ!
      ・「短槍使い!」と呼びかけるシーンの、バルサの腕の筋肉が(r
      ・チャグム、卵抱えて苦しそうだが…マジで陣痛か?(汗
      ・「卵はここで、生まれたがってる」。…つまりラルンガがもっと名医師で、チャグムを殺さずに卵を取り上げることが出来れば問題なかったと!(違)
      ・12歳の母だなあ…(=w=
      ▼群れラルンガ
      ・どうしよう…怖いというより、カワイイと思える私は変なんだろうか?
      ・ラルちゃん人形出してください。買います(爆)
      ・ヒョク+スンの火矢攻撃で熱がって落ちる様なんか、萌えますが!
      ▼チャグムの決意
      ・「バルサ。俺もまだ生きたいよ。でも、俺は運命に身を委ねる! 俺はみんなの犠牲の上で生きることも、ヨゴ百万の民を犠牲にすることも出来ない! だから、もう戦うのは止めてくれ。俺は、俺にしか出来ないことをやる」
      ・怖がって泣いて逃げた彼が…もはや、何も言うことはありません。
      ▼タンダ到着
      ・馬がぱっと消えたのが、作画ミスかと思いました(爆)
      ・サグではタンダが消えたんだね
      ・おかしい…タンダとの再会シーンの後ろで、ラルンガvs狩人戦が微妙に笑えるんですが…。レイアウトミスだなあこれ(^^;
      ・大切なシーンに情報を詰め込みすぎちゃ駄目ですよう。見る者の集中力を分散させるのは勿体ないっす。
      ・でもタンダが来て良かった! 初出産はおかーさんが付き添わないと(え
      ▼バルサ参戦!
      ・これこれ、やっぱバルサ強いよなあ。爪とかかいくぐって。
      ・もっと見たかったなあ。バルサの槍舞とかさあ。
      ・…『闇』を待てってか?w
      ▼シュガとトロガイ
      ・頭脳担当は、蚊帳の外で待つばかり…
      ▼サグの夜明け
      ・「チャグム頼む、動いてくれ!」怪我した身では抱えられないし、チャグム自身も痛みで動けない?
      ・ラルンガ多すぎ。どんだけー(r
      ・走り出すシュガ。気持ちは分かる、分かるよ。
      ・サグの夜明けと同時に、ナユグの風景にサグの緑が溶けるように現れてるんだな。
      ・よく見ると、スン潰されてるじゃん! やっべええ!
      。群れてワキワキするラルンガ見てると、うちで飼ってるオカヤドカリ連想してねえ(=w=
      ・サグの夜が明けて、ナユグのものはナユグに去ったということか…
      ▼卵の孵化
      ・で、どうするの? ラルンガが居ないのに…
      ・お、シュガとトロガイも合流。良かったね、立ち会えて
      ・生まれター! この時のバルサとタンダ、すごくいい『夫婦』なんですが
      ・「無事に生まれたんだね。生きたい、生きたいって願いが、叶ったんだね」。卵に触れるチャグム、立派なおかーさんになって(ほろり)
      ▼ナージ、来い来い
      ・キター! お兄ちゃんの魂と一緒にナージ来たよー(泣)
      ・バルサの、卵を投げるアクションが、一番綺麗だったよ!
      ・実は、卵の産まれるシーンとナージのシーンが書きたかっただけで、ラルンガとの戦闘は実はどうでもよかったのかもしれんなあ(笑)
      ・やっぱり間に合わなかった赤備え(笑)。来ても役立たずだったけどw
      ▼「終わったんだ、運命との闘いが…」
      ・全てが終わったチャグムの顔つき。やっぱり、『精霊』では戦闘じゃなく人間を描きたかっただなと思えます。
      | 精霊の守り人全般 | 14:58 | comments(3) | trackbacks(15) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:58 | - | - |
        コメント
        はじめまして!
        TBありがとうございました♪
        私もいつも送らせていただいてるのですが、うまく飛ばなくてごめんなさいm(__)m
        本当に、まじ出産シーンでしたね!痛みとかがあって、びっくりしました!!声優さんも大変ですね〜。
        戦闘シーンは原作の方が凄いんですね!確かにちょっと盛り上がりませんでしたね。。。原作も読んでみようと思います♪
        いよいよ最終回で、寂しいです。
        | 空子 | 2007/09/23 3:16 AM |
        こんにちは。もう最終回・・一抹の寂しさがありますね。

        >ラルンガ物量作戦は面白いのですが
        同じ気持ちです。なにかが物足りなかったような。

        熊のシーンで卵がどうやって産まれるかの説明がついて、ようやく話に追いついた気がします。
        でないとチャグム自身はバルサ達の手で取り出してもらえるので、本来?のラルンガの役割が分からないままになってしまいますし。

        トロガイの知的探究心のすごさが一番印象に残ったのはどうしてでしょうw

        よくわからないところがあるんですけど、もし熊などの他の精霊がうまくナージに受け取ってもらえたとして、
        複数の精霊が発生しても大丈夫なのでしょうか?
        それにナージがワシなどに食べられたら、もしかして、100年干ばつ??

        これから土曜日朝の楽しみがひとつ減ってしまってちょっと寂しいですね。
        | ミント | 2007/09/23 11:32 AM |
        空子さん>
        初めまして。こちらこそTBありがとうございます(^^
        チャグム役の安達君は、まだ中学二年生なんですよね。
        あのシーンはどんな心情だったんでしょう。是非ともお聞きしたいところです(笑)

        最終話が終わったら、是非とも原作を読んでみてください。
        実はアニメ中にも、「原作のモチーフ」がとても上手に折り込まれていますよ。


        ミントさん>
        こんにちは。そうですよね、三話の戦闘シーンが素晴らしかった分、やはり残念ですね。

        あの小熊が、無事に〈サアナン〉に到着したら、あるいはナージに運んでもらえたかもしれませんね。
        〈ニュンガ・ロ・イム〉が複数発生しても、おかしくないかもしれません。
        原作でも、複数存在するかもしれない可能性に、ちらりと触れてます。
        運んでる途中でナージが死んでも、それもまた、自然の摂理による淘汰なのでしょうね。
        人に宿っても人の思い通りにはならない、人間の手で都合良くコントロール出来ない。神の領域の話です。
        | LINTS@管理人 | 2007/09/25 2:02 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1151
        トラックバック
        精霊の守り人 #25 「宴」
        祝☆出産オメデトウ!!  ↓  ↓
        | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/09/22 3:54 PM |
        精霊の守り人 第25話 宴
        第25話 宴
        | Happy☆Lucky | 2007/09/22 3:55 PM |
        精霊の守り人 ♯25 宴 
        ナージキタ━━━(゚∀゚)━━━!! やりました!!やりました〜(涙)良かったねぇ・・・・ 運命に打ち勝ったのぉ・・・チャグム!!ところで、そのナージはアニキの離したナージ?無事にチャグムの体からとりだされた卵は無事ナージの口へ・・   えぇ”"(゚Д゚;
        | 鳥飛兎走 | 2007/09/22 4:26 PM |
        精霊の守り人 25「宴」
        ついに舞台は宴の地。バルサも狩人もチャグムのところへ間に合いました。 「バルサ、必ず来てくれると思っていた。信じていたよ、バルサ…」 もう再会シーンだけでうるうるなんですけど(泣)。 一方、負傷したタンダもトロガイ師たちと合流。何とそここで小熊がラル
        | はざまの欠片 | 2007/09/22 5:09 PM |
        「精霊の守り人」〜第25話:宴
        感動の”宴”。笑っちゃまずいだろ〜と思っても、ほとんど妊婦さながらなチャグムの苦しみようが可笑しくてたまらない。見事な”出産”だった(爆) チャグムは生みの苦しみを知る、いいお父さんになるに違いない!
        | たいむのひとりごと | 2007/09/22 5:34 PM |
        精霊の守り人 25話 『宴』
        全員無事でヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・  主要キャラが最終回間近に沢山死ぬような話じゃなくて本当に良かった(´;ω;`)ウッ…次回いよいよ最終回。タイトル「旅立ち」からしてバルサとチャグムの別れになっちゃうのかな…。゚(゚
        | 欲望の赴くままに…。 | 2007/09/22 6:45 PM |
        アニメ「精霊の守り人」第25話 感想。
        第25話「宴」 卵に導かれ、1人サーナンへと向かうチャグム。 水源が近いんだ……足元の岩の下を流れる水を見てそう感じたチャグムは、自分の横を通り過ぎていく魚を見て、思わず足を止める。過ぎていく魚の群れに、自分がナユグとサグの狭間にいる事を知る。 やが
        | ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/09/22 7:29 PM |
        [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第25話』
        『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第25話 『宴』。 ストーリーは…。 タンダの捨て身の行動によって、ナユグのものと接
        | どっかの天魔日記 | 2007/09/22 8:57 PM |
        『精霊の守り人』#25「宴」
        「必ず来てくれると思ってた。信じてたよ、バルサ」 タンダによって、シグ・サルアの花を食べることによってラルンガに攻撃ができると判明。 またさらにタンダの呪いによって、狩...
        | ジャスタウェイの日記☆ | 2007/09/22 10:29 PM |
        精霊の守り人 第二十五話 「宴」
         産まれし卵。
        | LUNE BLOG | 2007/09/22 11:18 PM |
        精霊の守り人 第25話
        一歩一歩[宴の地]へと近づくチャグム。 バルサたちはタンダに花をもらい口にする。 そうすることでラルンガが見えるようになる・・・そしてナユグへ行くために。 怪我をしたタンダを置いてチャグムの後を追うバルサと狩
        | こじこ脳内 | 2007/09/23 1:44 AM |
        精霊の守り人 第25話
        『宴』 触手祭りw ラルンガとの最終決戦は、とんだエロエロ展開に突入(違 ・・・まぁ、バルサ姐さんが縛られたりとかはないんですけどw そんな精霊の守り人も、最終回直前です。
        | ACGギリギリ雑記 | 2007/09/23 8:42 AM |
        「精霊の守り人」第25話
        精霊の守り人アニメ公式サイト出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意で
        | ひねもすのたりの日々 | 2007/09/23 12:32 PM |
        精霊の守り人 『宴』
        いったい何匹出てくるんだ!ラルンガよ! 「先人たちは三日三晩防いだ」 って、え〜そうなの? 凄いんだね、狩人って。 トロガイ師は「犬」って言ってたけど(笑) いくら身体能力が高い狩人でも、あんなにワラワラ出てくる
        | 日々是「紫」 | 2007/09/24 10:28 AM |
        精霊の守り人#25「宴」
        チャグム、おめでとう〜〜〜〜チャグムて男の子よね?男の子が出産・・・・・。そういう時代になったのね。この若さで出産!!私なんて・・・・。ピ○コロ?タマゴ吐いちゃったよひーひーふー、ひーひーふー陣痛ですか!?育ったタマゴ。苦労してタマゴ守ったもんね無事
        | Sweetパラダイス | 2007/09/25 10:05 PM |