CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< 『流れ行く者』を読む前に | main | 奇跡のマイミク >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【精霊の守り人:NHK教育】#3死闘
    0
      前半の「バルサVS狩人」は4分ちょっと。後半「ジグロの<槍舞い>」1分足らず。たったこれだけにしか過ぎないのに、『プロ同士の戦闘』は全ての印象をかっさらいます。

      原作『精霊の守り人』の、大きな魅力のひとつは、戦闘描写の迫力があります。その魅力をいかんなく浚え、映像化した手腕は、手放しで賞賛できるものです。心の底から、「I.G.アニメ化で良かったー」と言えます。

      だから。
      「これをなあ、もっともっと見たかったなあ」と、未練タラタラ出るのはいかんともし難いでしょう(笑)。制作側の罪ってもんです。この未練を断ち切るためにも、『闇の守り人』を作って<槍舞い>を10分間魅せてください。え? アニメーター死ぬ? 名誉の戦死ですがな!(鬼畜)

      戦闘以外でも、走るのは生まれて初めてだろうチャグムの、自分の身体がとても重い『もっさもっさ』した走る動作と、バルサや狩人達の人間離れした疾走感の対比は、何度見ても面白いです。

      この頃から、トーヤは「仕事は出来るけど、ちょっと間抜けなお調子者」で、サヤは「トーヤが大好きなしっかりもの」ってキャラ付け出来てるんですねー。ここでは『子供だけど仕事が出来る』ではなく、『仕事は出来るけど、まだまだ未熟』なんですな。

      原作から入った身には、このアニメ化補正作業は必要不可欠です。早くまるっと受け入れられるようになりたい…。

      こうして考えると、『アルプスの少女ハイジ』とか『母を訪ねて三千里』とかは、あの短い原作からよく一年間話を造り上げたなあと感服です。確か当時は、アニメで原作を知って、放映と同時進行で楽しんだ記憶があります。原作は原作で楽しんだし、アニメはアニメで楽しめた。『別物』とか『話が違う』とか、そういう思想は全く無かったし、子供だからこそ、変な知恵無く、素直に受け入れられたのかもしれません。

      そして、オリジナルストーリーを作る為に現地取材して、緻密な構成を重ねて50話を生みだした、当時のスタッフの行動と底力は半端で無かったと、改めて思います。
      | 精霊の守り人全般 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:07 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1385
        トラックバック
        精霊の守り人 第03話「死闘」の感想。
        精霊の守り人 第03話 「死闘」 評価: ── 王子を亡き者にするのは止めたのかい 脚本 櫻井圭記 神山健二...
        | いーじすの前途洋洋。 | 2008/04/20 2:24 AM |