CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< グリーンウッド続報 | main | 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【精霊の守り人:NHK教育】#7チャグムの決意
    0
      一日遅れての感想アップです。これからしばらく、アニメのオリジナルパートになります。

      実は、水車小屋で暮らすここ数話のエピソードが、本筋に戻ってからよりもはるかに好きだったりします。良い意味で、原作のカラーと神山組の持ち味が融合していて、新鮮な共感を味わえるから、だったりします。

      で、『チャグムの決意』。

      「安心をし。そんなことはお前は一切考えなくていいんだから」
      この一言で、どれだけチャグムが安心できたか。子供が安心できること、安心して自分の存在を預けられること、つまり、バルサやタンダが、チャグムにとって心から信頼できる大人であることを現しているんですが。

      これがさらっと言える大人は、現実にどれだけいるか。

      …いませんよねえ…。

      改めて思うに、二の妃からチャグムを引き取った時点で、バルサはすでに腹を括ってたんだろうなあ。でなければ、こんな台詞出てきませんって。ジグロに引き取られた経験があるとはいえ、ね。これがバルサの本質なんでしょう。「『なっ!』→肩ポム」コンボで現す漢気もな!(爆)

      それにしても、タンダの鍋はいつみても美味そうだ! 俺にも喰わせやがれコノヤロウ!(笑)
      この回はメザシ丼とかギショとか、料理も豊富で腹が減るっす。実写するなら『鬼平』ドラマ化チームにやって欲しいものです。

      あと、毎回思うけど、美術さんがいい仕事してますねえ。宿屋とか、街角の飯屋とか、水車小屋とか、田舎道とか。ちゃんと、その場のもつ空気を纏ってるんだもんなあ。

      大家さんちの描写が特に気に入りですよ。屋外の明るさと、土間の暗さ、大家さんのバックにある竹林の緑のコントラスト。小さい頃遊びに行った、鹿児島に住んでる母方の祖母の家の記憶が甦るんですね。祖母の家も、土間に入ったら昼間でも急に暗くなって、裏手が竹林で…。子供の頃の記憶だから、かなり曖昧だけど、日本の原風景って言うのかな。記憶や官能に訴える手腕、毎度ながら舌を巻きまする。

      余談っちゃ余談だけど。
      結局、星読み博士達は、あのゲートボールみたいに玉を転がして、何をどうやって読んでるんだろーw
      精霊の守り人 4
      ジェネオン エンタテインメント
      発売日:2007-09-21
      | 精霊の守り人全般 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:58 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1419
        トラックバック