CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< レボリューションだよ、アンダーソン君w | main | オケ日 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【精霊の守り人:NHK教育】#12夏至祭
    0
      「うちはとーちゃんがいないからね」なバルサに、「いや、あんたがとーちゃんだよ」と、全国一千万の視聴者が突っ込んだ、に100ルガル賭けよう(=w=

      初見時、実は内容をほとんど覚えてませんでした。「聖祖トルガル帝が水妖を退治したのは、夏至じゃなくて春分」と言う変更に驚きすぎて。根本的な変更だったんで余計にね(^^;

      二回目の今日、さすがに落ち着いて観れました。というか、内容やっと頭に入ったかも(爆)

      こうしてみると、カルピス名作劇場の「本筋には関わらないけど、登場人物の人となりや生活が見える話」に似た印象が持てて面白かったです。今でこそ「泣けるシーン」ばかりクローズアップされて語られる『ハイジ』や『母をたずねて』『フランダースの犬』だけど、本当は「何も起こらない日常のエピソード」を何十話も丁寧に積み重ねられてて、その果ての涙のクライマックスが描かれてるんですよねえ。それを思い出しましたヨ。

      初見当時は、原作で描写されてた夏至祭の様子を、もっと観たかったなーと思ってたけど、今観るとチャグムとヤーサム様の関わりがしっかり描かれて、見応えあったじゃん、みたいな。ヤーサム様も何だかんだで、きちんとナメクジ(しかも大量)を取ってくるあたり、律儀やなと(笑)。

      結局騒ぎを大きくしてしまったバルサの行動は、賢い人が見たら愚かだと思う。だけど、あの場で「我が子の心を守るために、明日の生活、ひいては命をも捨てるかもしれない覚悟で、子供と同じ目線で(←これ重要)障害に全力で立ち向かえる親は、この世に何人居るだろうか?」と言う問いかけに、応えられる人はいるのかなあ、とも思えるのね。

      結局「何を守り、何を喪うか」であり「その時の立ち位置を、どこに置くか」と言う問いかけなんだよなあ。賢い大人として、子供の心を押さえ込むか。愚かな親として、子供と同様に泥を被れるか。その結果、一番大切なものの一番弱い部分(心)を、形そのままに守っていけるのか。重い問いかけだったりするんですが。

      バルサなら、こんな小難しいことを考えなくても、さらっと動ける人なんだな。そこが誰にも真似できないところ。そして、ジグロにそうやって育てられたんだろうなと想像も難くないのがね、いいなあと。

      次回は『人でなく虎でなく』、原作ファンの間で賛否両論を巻き起こした問題作です。そして私個人として、神山版『精霊の守り人』を高く評価する一話でもありまするw
      精霊の守り人 6
      ジェネオン エンタテインメント
      発売日:2007-11-21
      Amazy
      | 精霊の守り人全般 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:40 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1473
        トラックバック
        精霊の守り人 第12話「夏至祭」の感想。
        精霊の守り人 第12話 「夏至祭」 評価: ── うちはとーちゃんが居ないからね あたしが相手になるよ 脚本 ...
        | いーじすの前途洋洋。 | 2008/06/30 5:35 PM |