CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< Blade Chronicle(ブレイドクロニクル) | main | マスク >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【本放送】獣の奏者エリン #19『カザルムの仲間』
    0
      「あなたが霧の民であることを、私は無視しない。人と違ってていい。それがあなたなんだから」

      うおおおお、イイ話だー!(AA略

      ユーヤンとの会話に、不覚にも涙した…エリン見て毎週泣いてるなあ、俺。

      これは先週エサルが生徒に申しつけた「霧の民であることを無視するように」と、真逆ですね。エサルの言葉は、いわゆる『大人の配慮』であり「出自関係なく、一個の人間として接するように」ということ。ユーヤンの言葉は、エサル先生と本質は同じだけど、もっと人の心に踏み込んだ肯定的なものです。違いを違いのまま、ありのままを受け止める。これって実は、先週エリンが作文で書いた『そのものを知りたい』を叶える、鍵でもあるんですねえ。

      ううん、奥が深い…!

      初めての集団生活でエリンがぶつかった壁は、誰にでもあるものです。これまで『母と自分』、あるいは『ジョウンと自分』というマンツーマンで暮らし、それが当たり前だったエリンにとって、初めて経験する『たくさんの他人の中の自分』。これまでの常識が非常識となり、周囲に合わせて動かなければならない不自由さを体感するのですが…。

      山田ズーニーさんが書いた本によれば、これは「自分が獲得したアイデンティティの否定→崩壊→再構築」というサイクルを経て、新しい環境で生きる術を獲得するのですが。自分が否定されるそして自分で自分を否定するストレスに、耐えられる人はまずいません。

      自分のことを分かってくれる人が居なくなり、新しい環境の中で新しい関係を築かなければならない。小学校、中学校、高校、大学、そして社会人になっても。本の知識だけでは生きていけない。新しい規律に従わなければならない窮屈さ。それは、環境が変わるたびに感じるつらい壁です。大人になっても、決して慣れるものではありません。

      だからこそ、エリンと同じ心細さを味わったユーヤンの励ましには、どんな薬よりも価値があるんです。

      エリンが感じる不自由さは、一種の通過儀礼。集団の中で暮らすこと。これは、人が人として生きる上で、必要不可欠なこと。何故なら『人は、人によって、活かされる(生かされる)』。これは本の知識だけでは、決して得られない経験であり。知識は人によって磨かれ、智恵となるのだから。

      まあ、何だかんだで学友とはうまく行きそうですね。『王獣一直線』ってあだ名が付いたってことは、受け入れられた証拠ですしね。みんなイイ子で良かった(^^

      JUGEMテーマ:漫画/アニメ
      | 獣の奏者エリン全般 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:41 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1783
        トラックバック
        獣の奏者 エリン 第19話「カザルムの仲間」の感想。
        獣の奏者 エリン 第19話 「カザルムの仲間」 評価: ── 私、寝ちゃったの? 脚本 吉田玲子 絵コンテ 松...
        | いーじすの前途洋洋。 | 2009/05/16 10:50 PM |