CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< およばれ | main | 【本放送】獣の奏者エリン #21『消えそうな光』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【TPRG】知の無知、無知の知【とは違う】
    0
      私が復帰してるTRPGのオンラインサークルは、一度参加人数が10人を割ったことがある。
      櫛の歯が抜けるようにというのは、まさにこのことをいうのだろう。
      かつて、百人規模を誇った数も昔の話。流出する参加者をとどめる術もなく、彼女がサークルの代表になった時は、ヒトケタにまで陥った。

      廃れたサークルを立て直す。誰もが無理と思ったことを、彼女はあきらめずにコツコツと始めた。
      彼女の行ったことは、何と言うことはない。

      新しい人が楽しく遊べる環境を作るということ。
      無駄なルールは撤廃し、極力、参加者の参加意識を高めていくこと。

      たとえば、交流の形が具体的に見えるように、かつて撤去されたcgiチャットを復活。
      掲示板に新規の人が挨拶文を書いたら、必ず歓迎のコメントを入れ、
      参加するには何をどうしたら良いかを、丁寧に誘導したこと。
      参加者同士でトラブルが遭った時は、基本当人同士で話をさせて、それでも納得しなければ、何時間でも話を聞いた。

      敷居が高い、という壁を取りため、本当にコツコツと地味に続けていた。
      「そんなことやって、何の得になるんだ」と、言われるようなことを。

      その甲斐あって、ひとり、またひとりと新しい参加者が現れた。
      そしてぽつり、ぽつりと、かつての参加者も戻ってきた。

      新規参加者がシナリオを提案し、遊んだ人の『心から楽しんだ』経験が人を根付かせて。

      いつしか、サークルはかつての賑わいを取り戻すまでに至った。

      めでたし、めでたしで終わるはずの物語だが、現実はそうではなかった。

      出戻った人の一部と、彼女の間に大きな軋轢が出来て。
      半ば石持て追われるように、彼女は代表の座を退くことになった。

      大きな理由として、ルールの整備がきちんと出来てないことに由来する。
      表層的には。

      しかし、内面では、彼女の作り上げたサークルの有り様に、大きな不満があったようだ。
      彼女の提案する世界観は、一見するとファンシーであるが故に、ずいぶん馬鹿にされていたようだ。
      一部の出戻り組は、新規参加者のことを「ぬるい」「甘い」「ゆとり」と嘲っていた。
      「副代表と一緒になって、サークルを好き勝手牛耳ってる」と、心ない中傷を受け、「タメ口を聞かれる覚えはない、敬語を使え」と強要する人までいたという。

      連日吊し上げのようにチャットで罵倒され、彼女は一時、「画面に向かうと手が震えて、勝手に涙が出る」所まで、追いつめられていた。

      「時代遅れと、有能な幹部にも親族にも見捨てられ、傾いた老舗旅館。
      愛着があると言う理由だけで残った一平社員が、苦労の末、新しい人々を呼び寄せるまでに立て直した。
      しかし、かつての幹部や親族が戻り、『何も分かってない素人女が、好き勝手しやがって』と言いまくる」

      それはまさしく、昼ドラを地で行く浅ましさだった。

      もちろん、そうでないリターン者も大勢居る。
      サークルの復活を素直に喜んで、新規参加者と一緒になって心から楽しんでる人の方が、むしろ多い。

      が、かつて運営に参加していた一部参加者の発言力は極めて大きく。
      その結果、ある意味彼らの望む通りに、自身の至らなさの責任を負って、彼女は代表を退いた。

      めでたくなし、めでたくなし。
      と終わるところが、でも、ここでもそうでは無かった。

      あれからいろいろあって。
      今の彼女は、その時のことを笑って語れるぐらいに、元気を取り戻している。
      思いがけない人から感謝と労いのメールを受け取って、涙したことも話してくれた。

      ファンシーと軽んじられた施設も、単なる思いつきだとそしられたイベントも
      ルールブックを読みエラッタを確認し、Q&Aを確認し、練り込んで作ったのだと話してくれた。

      苦しかったことも含めて、それを伝えれば良かったのにと思ったのだが、彼女はこう言うのだ。
      「そう言う努力を見せるのって、なんか嫌なんだよね」と。

      あそこはあくまで、『ゲームを楽しむ場所』。
      時間を割てまで、楽しんでくれる人達を邪魔しちゃいけないんだ、と。

      私は思うのだ。
      彼女を批判していた人が、あの、参加人数ヒトケタの時に代表になった時に、続けると言う決断を下せただろうか。
      下せたとしても、人を呼び、定着させることができただろうか、と。

      出来なかったと、容易に断定できる。

      何故なら、彼らは『賢い』。賢いが故に、真っ先に考えるのは、『潔い終わり方』。ダラダラみっともなく続けるよりは、すっぱり止めた方が誰の負担にならずにすむからだ。
      政権を投げた福田さんや、打たれ弱く病気になってしまった阿倍さんのように、自身のプライドのために、終わりを選んだろう。

      彼女の発想は、真逆だった。
      自分が泥を被って、ただひたずら、他人を信じ、信じて貰える場を作ろうとしただけだ。
      何の見返りもない場に、ただ、そこで遊びたい一念で、自分の全てを投げ出した、その『愚かさ』が。

      今の盛況に繋がっている。
      私信:たれぞう君へ

      彼女に件の顛末を話したら、こう言ってくれました。

      「延長は、GMとPLの合意の上で行われてるんでしょう? 別に誰にも迷惑をかけてない訳だし。日常や他セッションに設定を持ち出しても、何ら問題はないよ。少なくとも私は、そう判断してる」

      「現代表が判断できないのであれば、『前代表がこう言ったので公式です』って、私のせいにしてくれれば良かったのに」って。

      「それが、代表の仕事だもん」って、笑って言ってたよ。
      | 日々雑感 | 12:03 | comments(6) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:03 | - | - |
        コメント
        りんちゅさのように考える人がいる、ということが、たぶんとても前代表の力になっているんだと思います。

        僕は前代表を全然存じ上げない(チャットで1,2回はお会いできましたが)ので、どうとも言えないのですが、ゆっくりお話ししてみたいなーとは思っておりました。
        また前代表が気楽に戻ってこられるようにサークルを継続できたらいいですね。
        そしたら、色々お話ししてみたいです。
        | たいまん | 2009/06/01 1:48 PM |
        たいまんさん>
        わしの目線は、きわめて彼女寄りですから、
        また別の視点も存在するのも確かです。
        どこに所属し、どう考えるかで、ここ一年のサークルの動きの見方はだいぶ変わるでしょうけど。

        一昨年12月、元参加者が一気に増えた時点で
        ひとつの覚悟はあったんですよね。覚悟してたとはいえ、苛烈だったなとは思うけど。

        彼女を批判した人は、その行動をもって自身の正しさを証明してくれるでしょう。こちらから言うことは何もありません。

        でも、なんだかんだで、彼女がTOPで良かったんじゃないかなって、思うんですよ。
        『参加者の良心を信じる』なんて、理想主義で片腹イタイかもしれないけど、結局、その方針が成功したのは、確かなんだから。

        同時に、たいさんが副代表で良かったと、しみじみと思います。この先どうなるか分かりませんが、ゆっくり、見守っていこうかなあと思っています。
        | LINTS@管理人 | 2009/06/01 10:52 PM |
        わたしも色々お話を伺いました。
        参加者確保に懸命だったことや、参加者との軋轢。
        精神的にも体力的にもものすごく大変だったと思います。
        でも、わたしは前代表の時に、再びSWWWを見れて良かったと思います、
        でなければ復帰したかどうかも怪しかったですから。

        誰もが笑いながら楽しめる場所になるといいですよね。
        | がるふぉ | 2009/06/04 2:30 PM |
        がるふぉさ>
        お互いに、あそこで再会するとは思ってませんでしたよね(笑)
        何が一番嬉しかったって、TRPGが普通にのびのび遊べる場になってたことかなあ。
        あの暖かい雰囲気が残せて行ければいいよね。
        | LINTS@管理人 | 2009/06/04 10:52 PM |
        わしも前代表でなければ続けなかったろうなあーというくちです。

        あの時代、まだやってるの?とはよく言われたものです。まだやってるんだよ(笑)と答えてましたが。

        時に物足りなかったり、もどかしいこともありましたが楽しく過ごせたのは間違いありません。
        がるふぉさんやLINTSさんが戻れたのも前代表の人徳が少なからず影響してるだろうし。定着してくださったもう新規参加といえな参加者さんも。
        てか悶着あったのかなあとは何となく感じてましたが予想以上ですね!
        私のゴシップ魂に火が着きました。敬語遣えってすげえな!前代表、フレンドリーな話し方をするけど失礼な話し方しないのに。
        (そんなんばっかり気にしてどうする)

        あと前々代表のことも忘れられない影の功労者。

        そしてたいまんさんに良心を託します。
        | おすぎ | 2009/06/05 1:34 AM |
        そうそう、エゲツないよねー。<敬語の強要
        話聞いた時「こいつ人間終わってら」とオモタ!

        彼女は完璧な代表じゃなかったけど、
        自分の至らなさを知ってるからこそ出来たことって
        いろいろあったんじゃないかなあ。

        あと、エイプリル君の功績がスゴイことを知りますた。
        テンション高いだけのにーちゃんじゃなかったんだ!(失礼
        今度会ったらスマンカッタ踊りをしよう。うひい。
        | LINTS@管理人 | 2009/06/05 8:52 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1792
        トラックバック
        オンセサイトの管理人
         http://aqua-vitae.jugem.jp/?eid=1792  どのサイトか確認して噴いた。  あそこは大手という認識だったんだけど、いろいろあったんだなあ。  子供が病気のため、会社を休み、かみさんが用事が家にいないため、この記事に触発され、禁断のパンドラの箱(メー
        | 現代異能バトルTRPG 魔獣戦線BLOG | 2009/06/22 2:48 PM |