CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< アプリの話 | main | なんとなく思った >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    アンダインと小宮山夏樹
    0
      今号のイブニングの話。

      前者は『よんでますよ、アザゼルさん』に登場する悪魔。後者は『モテキ』に出てくる女性。どっちも、女のドロドロした陰部の具現化したキャラです。双璧と言っていいんじゃねえかと(笑)

      『アザゼルさん』のアンダイン恵は職能:嫉妬の悪魔。魔界じゃあんなに儚げで美人なのに、召喚されたらただの魚w ウザイ台詞のひとつひとつがクリティカルヒットですw

      「どうして引き留めないの…」
      「それは本心じゃないわよ!」
      「読みなさいよ!」
      「私の心を読んで、全てにおいて私の満足させる正解の行動を取りなさいよ!」
      「どうして男の人って そんな簡単なことも出来ないの!?」

      誰も出来ませんから!
      こうも堂々と言い切れるアンダ姐さん。さすが悪魔、いっそすがすがしささえありますわ。『アザゼルさん』の作者は、男も女も不細工描かせたら天下一や思いますw

      『モテキ』の小宮山夏樹は、まあ、結論から言えば誰とでもやっちゃう女です。同性に嫌われるし異性友達も遠ざかるタイプの人間を、こんなにもさらっと描き切ってるコミックは初めて観るので、それがかえって新鮮というか。

      男が「女とやりたい!」と言うギラギラしたものとは全く別の次元で、関係を持ってしまう感じかなあ。「恋人より男友達が欲しかった」「セックスはそんなに好きじゃない」と言いながら、酒が入ると男友達に対して、友情と性欲の駆け引きを無邪気にやってしまう。人間が他人に対して本来持つ、『敷居』や『壁』が無いと言うか。ある意味、試したがりというか、ものすごい子供、なのかなあ。

      話題にしたこの号では、まあエグイ角度で錐もみ急降下・超絶鬱展開と言われるんだろうなあって感じで進んでます。

      『モテキ』は、絵が好みなので読んでますが、一言で言えば『完璧な人間が居ないと、こんなドラマになるんだな』と思ってます。

      みんな自分に自信が無かったり、相手に過剰に期待したり、自立してるようで、どこかで他人に都合良く甘えていたり、自分に言い訳していたり、自分の至らなさを他人や状況に責任転嫁してたり。10年若かったら、ここに登場するキャラ全員にキレまくったと思う。「お前は結局、どうしたいんじゃあああ!」って(笑)。

      (ただ一人、例外的に林田はスカッとする人物に見えるけど、彼女は傍観者だからってのもあるね。あくまでも、人生のセンパイ[同い年だけど、人生経験的に]として口を挟む立ち位置なんだよねえ。だから欠点が見えないのよ)

      それが今では、『フジくん全然普通の男の子じゃん』と思える自分が、枯れたと言うか何というか(苦笑)。フジくん自分に自信が無くて、すぐ鎖国しちゃうヘタレだけど。でも、そういうとこ、誰もあるんじゃないかなあって思える年になったなあ。

      あと、女性作家ってのもあるかな。男にとって都合の良い女が出てこないし、それでいて男が読んで身悶えする話が描けるのはすげえと思う。4巻で終わりということは、実はクライマックスらしいんだけど。結局、フジくんはどうなって、お話はどこへ着地するんだろうってところです。

      4063583163よんでますよ、アザゼルさん。第4巻 特別限定BOX 「牛箱>(オックスボックス)」講談社 2010-02-23by G-Tools

      4063522598モテキ (1) (イブニングKC)講談社 2009-03-23by G-Tools
      | アニメ/コミック | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:10 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1945
        トラックバック