CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< ウザいハイジ | main | 【トモコレ】「せぐ」と「リアナ」の物語 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『オールラウンダー廻』
    0
      評価:
      遠藤 浩輝
      講談社
      ¥ 560
      (2009-04-23)
      コメント:『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックで�

      三巻が出たばっかりと言うことで、これを機会にまとめ買いしました。私にしてはとても珍しい格闘技コミックです。

      修斗のジムに通い「楽しくやれてればいい」と考えてた主人公のメグルが、試合で二連敗したことをきっかけに「強くなりたい」と思い、日々練習に費やして、時々試合に出るお話なんですが。

      連載当初は、あまりにも地味すぎて読み飛ばしてました。目に止まったのは、4話から。

      メグルが始めてのプロ練に参加する話で(このプロ練参加も、『なんとなく』で始めるんですが)、まるまる1話使って、プロの行う練習コースを紹介してるだけ。ロングショットで、淡々と、これまたもう地味な回なんですが、妙に面白い。

      「この人、絵がすごくうまい」と、まずこれが気になりまして。人間の身体を、きちんと描いてるんです。当たり前のようですが、案外当たり前じゃないんですね、これ。特に筋肉の付き方に誇張がないので、とても現実味を感じます。…画力から入るあたり、『もやしもん』と一緒ですがw

      あと、技を掛けるプロセスがとても分かりやすい。この人、頭の中で技の流れを一旦自分なりに分解して、再構成して、絵に起こしてるなあと。それが如実に分かって興味深い。そもそも、キックやパンチのフォームがものすごく綺麗。1ページ1ページが全然見飽きないんです。

      そんなこんなでしばらくして、まりあさんとマキちゃんが登場して、面白さが加速。気が付くと真っ先に読んでるタイトルになって、とうとう単行本までw

      お話自体は、ジムでの練習の日々ばかりです。それもものすごーく淡々と。ハレの日のはずの試合だって、日々の暮らしの一旦と同じ温度で描かれてるし。絵的な『見せ場』や、ストーリーとしての盛り上げはあるけど、誇張的演出は、ほとんど感じられない。そこが逆に、新鮮です。

      本来、主人公としてメグルの幼なじみのタカシの方にスポットが当たりやすいのでしょうが、そうしなかった訳で雨。タカシはメグルの影として役割があるようです。タカシの存在が、この本を『メグルの青春ドラマ』だけにしない意図を感じます。

      たぶん、タカシとメグルの対戦でひとつのヤマになるんでしょう。それまで延々と、メグルは練習の日々を送るのでしょうが。先の展開が楽しみなタイトルです
      オールラウンダー廻 2 (イブニングKC)オールラウンダー廻 2 (イブニングKC)講談社 2009-09-23売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

      オールラウンダー廻 3 (イブニングKC)オールラウンダー廻 3 (イブニングKC)講談社 2010-02-23売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools
      | アニメ/コミック | 15:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:11 | - | - |
        コメント
        はじめまして。

        廻を愛読中で、友達にモテキを薦められたとこからイブニングを読み出し、
        アンダインさんにはまりそうな通りすがりです。

        もし、サイバーやメカ、グロ、下ネタ(というより直接的な性描写)がOKならば、
        遠藤浩輝さんの前作 EDEN は良いかもしれませんよ。

        画は流石美大出身ですよね。

        失礼しました。
        | KH | 2010/02/27 9:38 PM |
        初回から毎回欠かさず読んでます。
        リアリティ溢れすぎてて同意。
        ライバル君のヤクザ話より地味なジム生活環境のが楽しいっす(笑
        | ミコト | 2010/03/01 5:38 AM |
        KHさん>
        初めまして。アンダイン姐さんステキですね(笑)
        『EDEN』はだいぶ前に友人に勧められて
        読みたいなと思ってる本なんです。
        巻数が多いので、ちょっと躊躇してますが(^^;

        みこち>
        桃子ちゃん来て拍車ががが<ジム生活
        この作者、相当の格闘技好きと見ますが!
        | LINTS@管理人 | 2010/03/02 1:26 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/1949
        トラックバック