CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< クリスマスう? | main | 『光芒のア・バオア・クー』『ギレン暗殺計画』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『てっぱん』あれこれ雑感
    0
      自分のためにがんばるのは、限界がある。だけど、自分の一番大切にしてるものを、好きだと言ってくれる人のためなら、限界はあっさり超えられるもんだなーとオモタ。

      人を遠ざけ、一人で黙々と走り込む駅伝君も、実は自分を好きでいてくれたコーチのために走ってた訳で。自分一人で、早く走れた訳じゃないからこそ、自分が憧れた人のために、何も出来ない自分が歯がゆかったんだなと。なんか、そんな風に思ったですよ。



      誰かの為に生きるって、案外簡単なことで。だけど難しくしてるのは自分のせいでもあり。そんな歪んだ心根に、いろいろ沁みます、てっぱんと言うドラマ。

      『10科目のうち、一番伝えたいたったひとつの科目だけに特化して、2,3個を補助。残り7,8を切り捨てる』。そんな拵えのドラマなので、賛否両論喧しいです。普通『10科目のうち、全てにおいて50〜80点抑える』拵えを目指すものですが、そんなぬるいこと全然してません(笑)

      でも、そういう点が気に入ってますw

      明るくカラッとして、松竹新喜劇のような『てっぱん』。実は、今まで観たどのドラマよりも、死の影がとても強く感じられます。主人公にとっての母親であり、もう一人の主人公にとっての娘であるその女性の死が、全ての始まりと言ってもいいでしょう。

      だけど、その影は忌まわしいものではなく、切なく温かい想い出として、登場人物の視線や仕草の中に、気配として感じることができるのです。

      食べること、好きなこと、家族の意味、切れない絆。暖かくて優しい『生きる力』の源は、『死んだ人間は、決して還って来ない』と言う厳然たる冷たい事実であること。癒されることのない、深い哀しみに裏打ちされてるからだと思うのです。

      今週も軽妙洒脱な展開の中に、「トランペットは、昔から宗教的儀式や軍隊に使われる。つまり、『人の死』に近い楽器だ。それを選んだのは何故か…生きることを応援するためだよ。そのために、君はトランペットを選んだんだ」なんて台詞をさらりと入れてくるから、油断もスキもあったもんじゃありません。

      同じ生きるなら、笑って生きる方が良い。だけど、私にはそれが出来そうにありません。どうも性分なようです。隆円の坊さんみたく、自分の煩悩に悶えつつ、足りないことを自覚してカラッと笑って、自分の大切な人達を幸せにするよう導ける『大人』に憧れますよ。
      | TV番組の感想 | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:25 | - | - |
        コメント
        はじめまして。
        てっぱんへの感想にとても共感を覚えます。
        明るくからっとしているのに「死の影」を強く感じる、というところ。私もこのドラマ、主人公のあかりが養女とわかる展開にはまり毎日見るようになりました。個人的な話で恐縮ですが、私も実母が幼少時に亡くなっており母親の記憶は何もありません。気づけば知らない女性が自分の世話をしてくれていて、自然とお母さんと呼んでいました。育ててくれた母親とは仲良く暮らしてきましたが、実母への想いというものとは無縁ではありませんでした。継母がどうのこうのではなく、この世に「自分」という人間の生を産み出してくれた人、ということに特別な想いがあります。どんな人だったのか、自分のことをどんな風に思ってくれていたのか、一度でいいから話をしてみたい、など思うことはたくさんです。それだからなのか、あかりという主人公と祖母の初音さんとの関係には何とも言えない気持ちを感じます。ご指摘のとおりこのドラマは賛否両論でネットでのブログや感想欄の書き込みはかなり辛辣です。。自分の想いが深いのかもしれないのですが、そんな記事を目にする度にさびしい気持ちになってきます。でも今日はこのブログに偶然出会えてとても嬉しく感じております。このような視点で見てくれている方もいるのだとわかり癒された感じです。そんなものでついコメントをしてしまいましたが長くな失礼いたしました。読ませていただき有難うございました。
        | ムーツン | 2010/12/25 11:52 PM |
        ムーツンさん、初めまして。
        感想ありがとうございます。

        ムーツンさんの心に
        『てっぱん』のテーマは深く共鳴したのでしょうね。

        『てっぱん』が描いているのは、
        明確に言葉にできないものばかりだと思うのです。
        非常に壊れやすくて繊細なテーマを扱うとなれば、
        今の拵えになるのは当たり前だね、と考えています。

        家族、家族と繰り返し言葉に表れるのも
        その裏には、小さなゆらきで壊れかねない
        壊したくないと言う、人々の想いがあるからなのかもしれませんね。

        感想が辛辣になりがちなのは、
        『●●ドラマは〜だから〜だろう』の
        定説や常識という『思い込み』がほとんど通用しないので
        その苛立ちや不快感も入ってるのかもしれませんね。

        特に前作の『ゲゲゲ』が良い意味でも悪い意味でも
        『波風立たない』『逆らわない』『あなたに着いていきます』な
        今時珍しい古風なドラマだったので、その反動はキツイかと。

        こればかりは観る側の場数を踏むしか解決策はないし
        批判もまたひとつの意見なので、そっとしておきましょう。

        ムーツンさんの心に感じるものを信じて
        ドラマを楽しめば良いと思いますよ^^
        | LINTS@管理人 | 2010/12/26 11:44 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/2101
        トラックバック