CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< ほぼ日コラムから | main | ボヤ騒ぎ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    愕然としたこと
    0
      今、とある本読んでるんですが。

      イギリスの児童文学で、主人公の男の子が、おばあさんにいろいろ質問する場面があって。

      気が付くと、すごく緊張してる自分がいるんですね。別に怖いシーンでも何でもなく、どちらかと言えば微笑ましい方で。男の子がこれから住むことになる屋敷のあれこれを尋ねるのは、ごく自然なことだし。

      だけど、息を詰めてたんです。背中が堅くなってるし。「あれー? 自分、なんでこんなに緊張してるんだろう」と、ふと気が付いて。

      このシーンの何に緊張? と自問した時頭に浮かんだ言葉が

      『この主人公なんで質問責めにするんだろう。
       適当に分かったふりをしてればいいのに』

      いや、それ変じゃね? 分からないことを聞くのは普通だぜ?と。さらに疑問の奥を手繰ってったらひとつの『恐れ』が浮上しまして。

      『くどくどしつこく質問すると、大人に怒られる』と。その瞬間、

      「いいかげんにしなさい!」
      「うるさい、あっちへいけ!」
      「いつまでそんなくだらないことを言ってるんだ!」
      「何でそんなことが分からないの!?」
      「何度聞いたら気が済むんだ!」

      …と言う大人の罵倒がわーっと聞こえたんですわ。空耳なんですけど、空耳じゃない。
      自分が7つの子供になって、頭上から大人の声が降ってくる。そんな感じでした。

      確かに要領が悪い分、子供の頃からよく怒られてました。そのうち『適当に返事をして分かったフリをしていれば、大人から怒られずにすむんだ』と言う妙な智恵がついて。

      顔色を伺うばかりの子供になってました。

      分からないことを、分からないというのは怖くないです。
      知らないことを知らないというのも、怖いとは思いません。

      たぶん、疑問を『質問』と言う形にうまくまとめられず、それで相手を怒らせる事実の積み重なりが『質問が怖い』、という形になったのでしょうね。

      やっとの想いで言葉にしたものを、一蹴されたり否定されることには正直慣れません。ムッとしたり、悲しいと思った気持ちを、笑って流して無かったことにしてきた。それは誰もがやってるだろうことで、自分だけの経験とは思いませんが。

      しかし、何十年分も積もったものが、まさかこんな形で自覚するとは…!

      ちょっとばかり、愕然とする出来事でした。
      | 日々雑感 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:48 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/2124
        トラックバック