CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< 地震 | main | 小早川のぞみ、について考える >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ぼちぼちいこう
    0
      生きてます(笑)
      twitterで呟いてはいますが、なかなか文章がまとめられなくて。
      それでも、地震関連のことを、箇条書きで投下します。文脈繋がってないけど、覚え書きなので気にしないでください(笑)
      地震の日からこっち、普通に日常を回しております。朝起きて、ご飯食べて、仕事行って、たまに遊びに行く。自粛もせず焼肉行ったり欲しいもの買ったり、通常運転です。

      阪神の震災の時、比較的被害の小さかったうちはライフラインの復旧も早く。数日後は梅田へ遊びに行けるぐらいの余裕は出来てまして。で、阪急梅田駅に降りたら。神戸へ向かう電車のホームには大きな荷物を抱えた人々が長蛇の列を作っているのを目の当たりにして、「同じ関西なのにこれほど差があるのか」と改めてショックを受けたことを思い出しました。申し訳ないと思いつつ、いつもは並んで入れない美味しいケーキ屋さんの、閑散とした店内でタルトを頂いた自分もいました。

      『自粛』とか『不謹慎』は、「被災者の人達があんなに悲しい思いをしてるのに、自分だけ楽しいことをして申し訳ない」と言う遠慮のひとつの形だと思うのです。が、同時に、それはただの同情であって、「可哀想な被災者の為に何も出来ない自分を誤魔化してるだけ」であって。自分が満足するだけで実際には何の助けにもならない、誰の腹も膨らませることもない。ならば、いつも通りの生活を送ることで、会社や家庭や外出先の人々と笑顔でいる時間を作る方が、まだマシなんじゃないかとも思うのです。


      原発の事故にしても、結局、現場の人達に全てを託すしかない訳で。事態の沈静化を見守るしかない状況です(勿論、本来晒さなくてもいい現場の生命を危険に晒し、大勢の人を混乱に陥れた責任を糺すべきですが、それは後でも出来る話)。

      ただ、この混乱を見て強く思うのは、『日本は世界唯一の被爆国』と言いながら、日本人は核のことも放射線のことも、何一つ知らずにいたんだな、と言うこと。こんな事態が起こるまで、自分達の生活を支える電力の源を振り返ることをしなかった現実に愕然とします。かくいう私も、すっかり忘れていました。と言うか、思いもしませんでした。『安全』=『忘れてもいい』と同義語ではないはずなのに。関西圏だって、関東と同じようなものですから。他人事ではありません。

      そういえば、実家が広島に近いせいか、子供の頃から夏になると必ず原爆慰霊関連のニュースを見てきたなあ。終戦後、被爆者が結婚や就職で差別を受けていた話も聞いたことがあります。そして今の福島へ向けられる差別の目。『被爆』と『被曝』は違うとは言え、60年以上経っても、人の心の暗さは何も変わっていないのかと、歯がゆいばかりです。

      だけど無知は、翻って自分のことでもあり。今、この事態になって、『放射能』の説明文章が、ただの文字の羅列からようやく意味を帯びて受け止められるようになり、その重みに立ちつくすような気持ちでいるのです。

      原発に対する信頼は、取り戻すのは相当に困難な状況で。『今』安全な原発も、いずれ老朽化する。その時に、今回のような地震や津波がこないとは限らない。かといって代替えエネルギーは即座に用意出来ない。今すぐ原発を全て止めろ、は、有効な代案が提示されない限り現実的でなく。当面は今稼働している原発を、補強しながら使い続けるしかない。その上で、代替えエネルギーの開発を模索するしかないのでしょう。本気で脱原発を目指すなら、10年から20年単位で流れを読んだ上で、官民関係なく、相当に腰を据えて掛からなければならない事業になると思うのですが。

      これに関しても自分に出来ることは、『知り続けること』ぐらいしかありません。正しい知識とは何かを知り、風評に乗らず、差別しないこと。あと、買いだめに走らない(笑)。小さなことですけど。


      買いだめと言えば。働いてるスーパーでも、地震から三日後に個数制限始まりました。私がたまたま休みだった日、買いだめする人がえげつなく来て大変だったと。最初はペットボトル水やガスボンベ、電池とかでしたが、米5圓8袋も買ってったお客さんが出て、お米も範囲に入りました。乾電池は未だ全く入りません。店頭に出てるものだけで、個別注文も受け付けず、と言う状態。

      放射能が水道水から検出されたニュースが流れてからは、水を求める客様も増えました。「娘や孫がいる関東に送りたい」と仰り、「一本ぐらいええやんか」と何度も食い下がられまして。気持ちは分かるけれど、こちらとしては丁重にお断りするしかなく。今は落ち着いたとはいえ、雨が降ればまた繰り返すのだろうかとも思ったり。

      うちのプライベートブランドのお米、福島県中通り産だったなあ。お米買い占めたお客様、ちゃんと食べてくれるのだろうか。事故が起きる前に収穫されたのに、『福島産』と言うだけで敬遠する、なんて馬鹿なニュースを聞いたもんだから。っていうか、保存食になぜ生米? 缶詰とかじゃないんだろう。と根本的な疑問がわかなくもない…

      そんなこんなで、ぼちぼちやってます。また、何かまとまったら、ぽつぽつと書いていこうかなあと思います。
      | 日々雑感 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:28 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/2133
        トラックバック