CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< 時事ネタ3題 | main | 手作り餃子 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『人斬り龍馬』
    0
      人斬り龍馬
      潔い、と言う読後感を得た。「人斬り龍馬」「二本松少年隊」「とどかぬ刃」「神の棲む山」の4つの短編は、ひとつひとつが長編小説を読むに等しい労力を使った。それだけ、圧縮率が高かった。

      絵の緻密さが説得力を倍増させる。トーンを極力使わない線描写は、話のシリアスさに重厚感を加味。剣劇シーンで、ここまで『剣の重さ』を体感させる漫画家は、そういないかもしれない。

      緻密さは絵だけでなく、話の作り込みにも及ぶ。『週刊石川雅之』でも感じたが、とにかく極めて丁寧なのだ。作者の視点は一貫してニュートラルを保ち、どの話にも、敵味方は存在しない。誰かに過剰に思い入れないかわりに、どの登場人物とも、対等に感情移入できる拵えなのだ。

      どの話も悲壮である。凄惨で冷徹で容赦がなく、血飛沫にまみれ、情けは微塵もない。しかし、ここに登場する人々は、ただ、歴史に翻弄された弱さはない。腹を括り、時代と渡り合った強さがある。それが、「潔い」と言う読後感に結びついた。

      良作です! 『もやしもん』で感じた直感を信じて、買って良かったです。難点は、読み終わると指が真っ黒になるぐらいかな(笑)
      | アニメ/コミック | 12:01 | comments(1) | trackbacks(3) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:01 | - | - |
        コメント
        二本松少年隊は読んでいて、泪が止まりません。
        | satouno | 2006/01/29 2:10 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック
        人斬り龍馬
        人斬り龍馬 「もやしもん」の石川雅之氏作。表題作「人斬り龍馬」の他、「二本松少年隊」、「とどかぬ刃」、「神の棲む山」の三作品をまとめた短編集。「もやしもん」程の衝撃力は無かったかな。 「人斬り龍馬」。人を斬る坂本龍馬に違和感を覚えつつも、伝記を都
        | 群青日和 | 2006/02/03 1:06 AM |
        人斬り龍馬・二本木少年隊
        もやしもんの作者石川雅之の時代短編集。「人斬り龍馬」「二本松少年隊」 「とどかぬ刃」「神の棲む山」の4作品を収録。 タイトルの「人斬り龍馬」は、龍馬は本当に不殺の聖人だったのか?を新選組・近藤勇らの視点から追う。 人斬り龍馬の一部が読めます 「二本松少
        | 雑稿の部屋 | 2006/02/03 2:38 AM |
        人斬り龍馬
         これは面白い! 新撰組隊士が何者かに次々に暗殺されていく。下手人はわからない。
        | 街道をウロつく | 2006/02/03 8:10 AM |