CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< 保護色 | main | いかなご >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『マルドゥック・スクランブル』
    0
      マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮
      マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼
      マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気
      Amazy
      ウフコックかわいいよウフコック(´Д`)=3
      これに始まりこれに尽きますが。

      文体からちと懐かしい香りが。昔読んでたハヤカワSF文庫っぽいなあと。でも間違いなく今時の文章で。軽いんです。でも、いい意味に作用してます。「軽快」とか「疾走感」に結びついて、読みやすかったです。ヘビーな描写にありがちなまとわりつく重さがない分、逆に共感を呼びやすかったかと。

      あちこちで賞賛されるカジノシーン。ゲームのルールは、結局全然理解できなかったけど、人間同士の心理戦(ディーラーvs客)や、隙間無く埋め尽くされた理論が面白くて。これらの全てがバロットがひとつの目的を達成するための通過点であることが、ちゃんと示されていたせいもあるのかな。同時に、バロットの成長過程が合わせて描かれてたから、ルールが理解出来なくても感情移入出来たのかも。成長とはなんぞや?と聞かれた時、いろんな答えが出ると思うけど、この場合は「自分を信じて、見えない階段を踏み上がる勇気を示すこと」だろうね。ウフコックやドクターの助けを借りながら、最後は一人で大舞台を乗り切ったバロットはとても魅力的だった。事実、何度も読み返してしまうぐらい気に入ってます。

      好きなキャラは。
      まずベル・ウィング。主人公じゃないんですな。初老の女性ディーラーで、背筋をすっと伸ばして立ってるだけで絵になる人。どうひっくり返っても自分は絶対なれないタイプだから、憧れますわ。
      次はアシュレイ・ハーヴェスト。この人もディーラーでくちひげなおっさん。最初は敵だったんだけどなー(笑)。誘拐屋のイカレタ面々とかイルカもいいなあ。でもやっぱり、ウフコックやね。煮え切らない万能ネズミ! 一家に一匹欲しいわ(笑)

      次は『マルドゥック・ヴェロシティ』ですねそうですね!(笑)
      | 小説 | 11:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:52 | - | - |
        コメント
        ですよ!

        でも読んだのが昔すぎて細かいとこ思い出せない(笑)
        | 外道丸 | 2007/03/20 1:05 AM |
        外道丸さん>
        ですね!

        だいぶ前に出版された本ですからねー(笑)
        まあボチボチ読みますんでw
        | LINTS@管理人 | 2007/03/20 9:45 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック