CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC)
オールラウンダー廻 1 (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
遠藤 浩輝
『どんなにセンスが有るヤツでも、強くなるためには、“日常”と同じぐらい死ぬほどつまらなくて苦しくて代わり映えしない練習を、毎日詰まなければならない』。だけど、『退屈な練習をクソ真面目に積んだヤツだけが、強くなる階段を上がる資格があるんだ』と言うコミックです。
RECOMMEND
築城せよ!
築城せよ! (JUGEMレビュー »)
原案:古波津陽,漫画:米良仁
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
After the rain
After the rain (JUGEMレビュー »)
cossami,cossami,Mitsubaco,土屋文彦,原田智英
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
フリースペース
MOBILE
qrcode
<< おまけつき | main | 河童のクゥと夏休み >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    精霊の守り人 #07『チャグムの決意』
    0
      飯復活! しかも二品も。やっぱり飯アニメだね『精霊』は(笑)

      7話のあらすじは、『にんげんドキュメント』で紹介されてたので、ある程度分かってはいたのですが、予想以上に、涙を誘われる話でありました。質の高い人情劇ですね。『一人の民として普通に暮らす』ことが、実は『お金』が必要なのだとチャグムに理解させた上で、彼はどう考えるか。

      「自分は護られている立場だから、金を人に使わせて当然」な馬鹿皇子ではないと分かってはいたのですが、ここまで賢く、健気とは。母との絆であるルイシャの耳飾りを差し出して、バルサとタンダに頭を下げる彼に、帝の資質を垣間見ました。『実るほど 頭を垂れる 稲穂かな』を、自然体で出来る人は、そんなに居ません。しかもまだ11歳だし。末恐ろしいですよ。

      子供らしからぬ気苦労を見せるチャグムに、「ばかだねえ」と笑うバルサは、もう充分におっかさんですよ。この「ばかだねえ」の台詞が、とても愛情籠もってて、すごくいい。何度でも聴きたい(笑)。腹の据わった人間の成せる技ですね。安心して大泣きするチャグムも、やっと一人の11歳の子供になれたと思いました。もらい泣きしつつ、ほっと安心。大人でも重いと思うものを、子供が背負ってきたんだもんねえ…。

      緻密に描かれた「新ヨゴ皇国に住む人々の暮らし」。店先に水を打つ人、屋台で飯を食う人、薬草屋のおじさん、大家さん。通りすがりに過ぎないと言えばそれまでだけど、彼らの人生が透けて見えるぐらい、活き活きとしてる。名も無き民草が生きる世界をきっちり描いてこそ、チャグムの悩みと決意が生きてくる。そう思える回でした。

      まったりとして、派手な戦闘シーンもない。だけど、何度も観返したい。いい仕事してます!

      今回の私的ポイントは、薬草屋で「腰を下ろし、傷を確かめる」バルサの仕草。
      こういう何気ない仕草を入れるところが、『精霊』の、すごいと思える点です。実はここって「単に座って待ってるだけ」でも充分だし、作画の手間もかからない。しかし、あえて傷を確かめる、バルサらしい仕草を挿入することで、人間味を加味させている。
      それを無意識に、あるいは意識的に見る側に読みとらせ、記憶に『バルサ』と言う人物のリアリティを蓄積させています。

      ギショを出された時の、「三人の『え?』『え?』の目配せと言う演技」も興味深いですね。チャグムは、豆の意味を知らない。タンダは、豆の意味を知ってる。バルサは意味を知るか知らずか「自分達と同じものを頼んだはずなのに、何故豆が?」な表情。そして、おばさんの笑顔。「この豆料理って何?」といきなり尋ねず、目配せを挟むことで独特の間を生みだし、タンダの戸惑いと、意味を理解した時の喜びを表現してます。面白いですね。

      『精霊』には、この手の『映像情報』がみっちり詰まって、しかも無駄がない。言葉だけの説明に頼らず、動きで見せることで、キャラの人となりや、物語の伏線を盛り込んでいる。だからこそ、見る側も『読みとる目』を磨いて望むことができる。ほんと、油断できません(笑)

      そして、大家さんの軒に吊されたナージの骨にテンションアップ! ぐは、そう来たか。本筋と何の関係もない回だけど、これだから気が抜けないんだよ、神山組のアニメは(笑)
      精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
      精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
      上橋菜穂子 神山健治 安藤麻吹 ジェネオン エンタテインメント
      2007-06-22
      売り上げランキング : 283
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      では、いつもの通りのツッコミ三昧で。
      ▼ヨゴの町並みは本当に日本の江戸時代のもの。
       微妙に違うけど、懐かしい感じ。
       埃臭さや、水を打った時の、水を含んだ土の匂いが感じられるのはすごいなと
      ▼宿屋で目覚めるバルサ
       枕元には治療の跡。
       血の付いた布の量が、バルサの開いた傷口が尋常でなかったと物語る
       安心して眠るチャグム。卵は変化無し
       土の埃臭さとは別の、室内の匂いが感じられた背景画。すげえ。
      ▼傷みの激しい槍先
       「よくこれで…」と思い至るバルサ
       1話から出来なかった『メンテナンス』の話が、次回に
      ▼葬儀は続く
       滝の風景は日本とは別物
      ▼身体の弱いサグム
       弱々しい咳が、不吉
      ▼彫像を彫るよう命じる帝
       彫像を作れるのは、帝になったものだけ
       身を挺して、国を護ったチャグムを偲んでのもの。
       「乾きの相も晴れる」と言うが…晴れないんだよ…
      ▼街の屋台
      ・言葉使いを注意されるチャグム
       確かに、あの言葉遣いでは、すぐにばれるよ(笑)
      ▼店主はヤクーのおばさん
       ヨゴ人と着ているものが違うのですぐ分かりましたが。
       なるほど、ギショを出したかったのね
       バルサ達が食べてる飯は、公式で紹介無し
       「焼いた魚を、たれのかかった飯の上に乗せ、食べる」って感じかな…美味そう…
      ▼自分から噂を立てるバルサ
       「大悪人」か…(笑)
       噂とは、尾鰭背鰭が着き、膨張しながら広がっていくもの。
       ましてや、名前は通っててもバルサの顔を知る者がほとんどいない
      ▼ギショ
       アニメオリジナルの設定。
       家を持てないヤクーの男が、晴れて家族を持った祝い。
       「儀式を大切にするヤクーの民」を説明すると同時に、《ニュンガ・ロ・イム》の正体を示唆するには、ヤクーの言い伝えも必要だとの下敷きを見せる
       …ていうか、お父さん豆を食べちゃったのかバルサ(笑)
      ▼星読みの職に戻されるシュガ
       皇子が死んだ時点で乾キノ相は収まり(と思われ)、読み解く必要が無くなった。
       これも原作に無い展開。
       原作では皇子は行方不明のまま捜索が続いてたので、解読作業は続けなければならなかった。
       無能にあえぐシュガ…皇子が死んで、自分のやっていることに疑問を持つ。
       有能な彼故の苦悩。
      ▼ロバを返すトロガイ
       雪の描写が凄い!
       熊よけの鈴を首にかけ、ロバを優しくいたわるトロガイ。
       先週の「お前なら、上がってこれると思ったのだが…」は、
       黒蝗馬(「こっこうば」は、こんな字を書くそうな)への謝罪だと納得する場面。
       トロガイは《ヂュチ・ロ・ガイ(土の民)》とのコンタクトを目指しているのか。
      ▼「用心棒稼業は終わり」に動揺するチャグム
       二人にとっては、当たり前の会話だけど。
       改めて自分の立場を理解し、不安に思うチャグム。
       優しい二人だからこそ、世話になり続けることに疑問を覚える11歳。
       聡い子ですよ、本当に
      ▼薬草師の仕事を目の当たりにする
       薄暗くて、薬の独特の匂いが満ちていそうな室内ですね。
       カエルの干物とか、子供心にちょっと不気味と思える描写も、美術さんの面目躍如。
      ▼今後を心配するタンダ
       『にんげんドキュメント』でも紹介されてた会話。
       「そういえばそうだね」の受け答えは知ってましたが、タンダががっくりするのは初見。
       苦労が絶えないね、奥さん(笑)
      ▼タンダは末っ子
       家を継げない末っ子だからこそ、12歳から薬草師として修行してたタンダ。
       さして歳の変わらない頃の話だからこそ、自立しなければと思い悩むチャグム。
      ▼家賃を払いに行く道行き
       「金を払わないと生活できない」市井の生活を思い知るチャグム。
       もう二の妃の宝もない…
       と言うか、あれは表では使えないからこそ、裏で使った訳だし。
      ▼大家の軒先に吊されたナージの骨
       「ここで来たか」と一人で興奮(笑)
       原作では「村境に渡してある道切り縄に下げ、ヤクーでは魔除けとしている」とある。ナージとは「渡り鳥で、夏至近くなると北から青霧山脈を越えて海へ渡る。べつに、この地に恩恵を与えてくれる鳥ではない。しかし、ヤクーでは魔除けとして、丁重に扱われている」とも書かれている。
       なぜ「ナージ」なのか。これは、物語の重要な鍵。
       でも、今はまだ忘れてもいい状態。話が進めばいずれ思い出す代物ですしね。
       と言うと、大家のおじいさんはヤクーの血を受け継ぐものかな。
      ▼大家とバルサの話を聞き、心苦しいチャグム
       金貨三枚は、皇子の目から見ても大金なんでしょうね。
      ▼通常勤務に戻る狩人達
       彼らの表向きの仕事は近衛士
       緑や人の活気に溢れる街の様子と対比して、宮廷側の描写はモノトーンで悲しく重い
      ▼ふと呟く、ジグロの話
       「無口な人に育てられると、喋れない人間になっちまう。それじゃだめだね」
       自分の幼少の頃を思い出し、改めてチャグムとの生活に思いを馳せるシーン
      ▼新しい家は水車小屋
       原作では、あのままタンダの小屋に住む二人だったが。
      ▼「金貨を払って水車小屋とは」
       …ごもっとも(笑)
       水車を初めて見るチャグム。驚く顔が可愛い。
       そして、屋根の葺き替えに金がかかる。金が全ての、市井の生活
      ▼シシ鍋! シシ鍋!
       ていうか、食材を買ってくるタンダが甲斐甲斐しくて(笑)
       公式の設定資料には「タンダが作ってるからキチンとしてます」
       「バルサだともっと男の料理っぽいか?」のメモが……(笑)
       もぐもぐしてる二人がかわいい
      ▼決意を語り、ルイシャを差し出すチャグム
       ここのくだりは、今回の肝ですね。健気すぎて、すでに涙がでます。
       「ここを出てどう生きる?」
       「馬鹿だねえ。お前はすっとここに居ていいんだよ」
       「安心おし」
       バルサの言葉が、これほどまでに暖かいものになるとは思いませんでした。
       声質も相まって、本当に安心して心を預けられるバルサです。
       チャグムでなくとも、こう言われたら大泣きしますよ、ほんと。
      ▼「ありがとう、バルサ」
       ただの「命を助けてくれてありがとう」とか「世話を見てくれてありがとう」ではなく。
       「自分の人生をまるごと受け入れてくれてありがとう」、とてつもなく深い意味があるような気がします。
      ▼乾きの相は、消えていない
       お話は、これからが本番ですから!
      精霊の守り人 音楽篇 1
      精霊の守り人 音楽篇 1
      TVアニメ ジェネオン エンタテインメント
      2007-06-22
      売り上げランキング : 15675
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
      精霊の守り人
      精霊の守り人
      上橋 菜穂子 新潮社
      2007-03
      売り上げランキング : 912
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
      | 精霊の守り人全般 | 10:28 | comments(2) | trackbacks(23) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:28 | - | - |
        コメント
        こんにちは。
        あの骨は、後に意味があるものなのですね。

        今回は町や村のいろんな風景や情景に見入った回でした。
        宿屋や薬屋や大家さんや町並みまで・・
        アニメでは当然ですが、隅から隅までデザインを決めて表現するのですからねえ。
        あまり日本風にもさせず、かといって他のアジアに似せることもなく、
        いろんなエッセンスを混ぜ込んだものでしょうか。

        すごいですねえ。

        では、誤認逮捕されたであろう青い手からの開放民達が無事釈放されたことを祈って・・
        | ミント | 2007/05/19 6:00 PM |
        ミントさん>
        こんにちは。「骨」ではなく「ナージ」に、意味があるんですね。
        これ以上はネタバレになるので言えませんが(^^;

        『精霊』の楽しみのひとつは、描き込まれた美術を堪能することですね。
        日本であって、日本でない。絶妙なセンスですよね。
        画集になったら買うかもしれません(笑)
        | LINTS@管理人 | 2007/05/19 7:32 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://aqua-vitae.jugem.jp/trackback/972
        トラックバック
        精霊の守り人 07「チャグムの決意」
        平和な一日でしたが、チャグムの心の中に様々な思いが駆け巡ったお話でした。 「市井とは何とも金が幅を利かせておるのだな」って、いやまったくごもっともな話で…。街での暮らしはチャグムにはカルチャーショックだったでしょうね。 バルサの用心棒も本来ならおしま
        | はざまの欠片 | 2007/05/19 3:43 PM |
        「精霊の守り人」〜第7話:チャグムの決意
        チャグムの命を狙うモノ達の目を欺くことに成功し、灯台下暗しとばかりに街に舞い戻ったバルサとチャグム。仮住まいをも準備して、しばらく腰を落ち着けることにしたようだ。既に見慣れた田んぼの風景。少しばかり稲が成長しているように思う。実は、月日の流
        | たいむのひとりごと | 2007/05/19 3:54 PM |
        精霊の守り人 第七話「チャグムの決意」
        今までと比べると、かなり地味な内容だったかもしれないです。 でも地味な回なりに見所も多く、内容によって違う面白さ まぁつまり、多彩な面白さが得られるのも、このアニメの良い所ですね。 今回は、サブタイトルの「チャグムの決意」でわかるとおり 過去と決別
        | よう来なさった! | 2007/05/19 4:46 PM |
        [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第7話』
        『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第7話 『チャグムの決意』。 ストーリーは…。  バルサはチャグムと共に扇ノ下に新居
        | どっかの天魔日記 | 2007/05/19 5:32 PM |
        精霊の守り人 #7 「チャグムの決意」
        チャグムは私をキュン死にさせようとしているに違いない! 「お前はずっとここにいて良いんだよ」 というバルサの言葉に涙するチャグムはホント愛くるしかったwwww  ↓  ↓
        | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/05/19 7:23 PM |
        精霊の守り人 第7話「チャグムの決意」
        タンダ家族になるwww 先週うだうだとぼやいたかいがあって? バルサ(母)チャグム(子)の家族に間違われる。 それにしてもチャグムがけなげだ。 生きていくのに金が必要だと知り、 一人で生きていく決意をするが
        | ガブリエルのブログ | 2007/05/19 7:44 PM |
        精霊の守り人 第7話
        サブタイトル「チャグムの決意」   バルサと共に新たな生活を始めたチャグムは、平民たちの厳しい現実を知る。   思い詰めた彼が口にした言葉とは?...
        | オヤジもハマる☆現代アニメ | 2007/05/19 9:24 PM |
        精霊の守り人 7話「チャグムの決意」感想
        精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 山狩りを逃れ、宿で暫しの休息を得る、バルサとチャグム。チャグムは安らかな寝息を立てて、眠り、どうやら変調もない様子・・・。 バルサは、ロクな手入れも施せないまま、酷使を続け、刃毀れが目立ついうになった、短槍を見や
        | 月の砂漠のあしあと | 2007/05/19 9:52 PM |
        精霊の守り人#7「チャグムの決意」
        あんなことがあったのに生き延びてよかったよ。今、街ではバルサ姐さんの話でもちきり。街に堂々と出て食事してるバルサ姐さんたち。タンダに出されたのは「ぎしょく」はれて家族を持った時のお祝いとして振舞われる料理。大きいそら豆がお父さん、赤くて細長いのがお母
        | Sweetパラダイス | 2007/05/19 10:14 PM |
        精霊の守り人 第7話 イラスト付き感想
        TVアニメ「精霊の守り人」 第7話『チャグムの決意』のレビューです。 イラストはバルサとチャグム・スーツver.。 親子っぽさを出したくてペアルックにしてみた。何故かスーツで。 本当はタンダもいて三人家族だったのですが、描いてみたらモイキーだったので消しまし
        | 春雷(しゅんらい) | 2007/05/19 10:47 PM |
        精霊の守り人 第07話 「チャグムの決意」
        チャグムの決意…
        | 瞳にアル世界 | 2007/05/19 11:47 PM |
        アニメ「精霊の守り人」第7話 感想。
        第7話「チャグムの決意」 朝、バルサは物音で目を覚ます。横を見やればチャグムの姿がある。 起き上がったバルサは、布団越しにチャグムの体をゆっくりと撫で、あれ以来何も怒らないと呟く。 バルサの短槍は刃こぼれも酷く、それをバルサはよく生き延びれたものだ
        | ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/05/20 1:05 AM |
        精霊の守り人 『チャグムの決意』
        トロガイのおかげもあって無事に、街まで戻ってきた バルサとチャグム。 バルサはまだ完治していない傷を癒す為 また、タンダの世話に。 「まるで武人の妻だ」とこぼしてたタンダ。 いいんじゃないの〜? 別に、主婦
        | 日々是「紫」 | 2007/05/20 10:30 AM |
        精霊の守り人 ♯7
        「チャグムの決意」 バルサ姐さん母親の目ですよ。。 ほんとよく生き延びました。矢傷だらけ。 水の神殿?でしょうか美麗です。 退場した事になっているチャグムの葬儀中。 献花する第一皇子病弱ぽいですね。 皇妃の頭の簪派手だなぁ。鹿? 父親の愛と王様としての
        | 朔夜の桜 | 2007/05/20 11:43 AM |
        精霊の守り人7話「チャグムの決意」
        ちょっと見ない間に一段落ついていました。 バルサとチャグムは死んだことになっており、逃げおおせたんですね。 タンダとの3人は店のおばちゃんが間違えちゃうくらい『親子』らしい家族みたいな雰囲気。バルサの手当てをしている時も、昔からの知り合いというより
        | RAINEY TOON -The mature suite- | 2007/05/20 12:12 PM |
        TVアニメ 精霊の守り人 第7話 チャグムの決意
        今回のお話では、チャグムの思いがよく伝わってきたと思います。 なかなか私としては見応えのある内容になってましたね。 けど、このアニメを見ていると、いつも丼物とか食べたくなります。それにお鍋も食べたくな
        | サプリで萌えな彼女の秘密ノート | 2007/05/20 1:10 PM |
        精霊の守り人 第七話 「チャグムの決意」
         かわいくて賢くて健気なチャグム君。成長が目に見えてわかることは、きっとこの上なく嬉しいことと思います。
        | LUNE BLOG | 2007/05/20 4:41 PM |
        精霊の守り人 #7
        バルサの策が成功したことによって、バルサとチャグムは町を出歩けるほどの自由を手に入れました。本来であれば、用心棒としてのバルサの仕事はこれまでですが、バルサは引き続きチャ...
        | 日々の記録 on fc2 | 2007/05/20 6:39 PM |
        精霊の守り人 第7話「チャグムの決意」
        <あらすじ> バルサはチャグムと共に扇ノ下に新居を構える事にする。死んだ事になっているとは言え噂の的になっている二人が都で暮らすことを心配するタンダ。しかしバルサはそんなタンダを他所に、街の人相手に自分の噂話までしてみせる。誰もバルサ本人がこんなとこ
        | エンドレス・ナイトロード | 2007/05/20 7:49 PM |
        精霊の守り人 7話レビュー
        今回もまた繋ぎの回ではあるんですけど、とても良い出来に仕上がっています。この物語が単に戦ったり逃げたりするだけの話では無いというのが良く現れているエピソードとして仕上がっています。 王族やら貴族やらはたま
        | Kazu'Sの戯言Blog(新館) | 2007/05/20 10:48 PM |
        精霊の守り人 第7話
        『チャグムの決意』 お父さん豆が食べられたぁ!w これはタンダへの挑戦状ですね。 いいかいチャグム? アタシがファーザーなんだよ(マテ  バルサ・・・ファーザーとはお父さん豆のことか?(コラ!    と。冗談はさ
        | ACGギリギリ雑記 | 2007/05/21 9:56 PM |
        精霊の守り人 7話 『チャグムの決意』
        家族の誕生ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ  タンダとバルサとチャグムで飯食ってたら家族だと思われたみたいで、めでたい時に出される特別な御飯を貰ったタンダwまいったなぁ〜とか言いながら表情は
        | 欲望の赴くままに…。 | 2007/05/23 11:23 PM |
        精霊の守り人 第7話 『チャグムの決意』
        家族っていいですね!(´∀`*) タンダの「ただいま」って言葉にちょっとトキめいちゃったvv 私もあの声で「ただいま」って言われたい!そして「おかえり」って言いた(ry 生活するのにはお金が要ることを知るチャグ
        | ティンカーベルをください | 2007/05/26 10:37 AM |